ホーム > ブログTOP > ベトナム

「 ベトナム 」

フォーや生春巻き以外にもたくさんあります!美味しいベトナム料理をご紹介。

 
2017年5月16日 カテゴリー:ベトナム, 食事

こんにちは!

海外引越のクラウンライン、ベトナム ハノイです。

 

ベトナム料理と聞いて思いつくのはフォーと生春巻きくらいかもしれません。

しかし、実際には一般的なベトナム料理はまだまだあります。

 

今回はその中から何品かご紹介させていただきたいと思います。

 

まずはバインザンという具の入った丸いお餅を揚げたものと、バインゴイという揚げ餃子のような料理です。

 

写真のお店は大教会のすぐ近くにあり、観光客がいつも訪れています。

 

2人で各2個ずつ食べて9万ドンだったので、恐らく1個1万ドン(約50円)くらいかと思います。

 

住所:52 Lý Quốc Sư

 

あまり頻繁に食べられているわけではないのに、これぞハノイの代表料理と言われているのが下の写真のブンタンという料理です。

 

具だくさんで椎茸の味が染みていてあっさりおいしく食べられます。

住所:40, Cầu Gỗ

 

こちらはNộm Thịt Bò Khôというパパイヤのサラダにビーフジャーキーがのったものです。

 

甘い汁にナッツの触感が加わって個人的にはとても好きな料理です。

 

お店自体は中心地にあるためいつも観光客でいっぱいです。

住所:23, Hồ Hoàn Kiếm

 

ハノイの東に120㎞程行くとハイフォンという港町があります。

この町の名物、バインダークアもハノイでよく食べることができます。

 

茶色くて平べったい米粉の麺を蟹からとったスープといただきます。

 

この店では野菜を入れた後に麺とスープを入れるので、器の底に大量の野菜が隠れています。

 

麺と野菜をひっくり返してから食べるのが通なようです。

住所:Trúc Bạch, Ba Đinh

 

ハノイでは日本人に負けず劣らず韓国人が多く生活しています。

ベトナムの皆さんは韓国に対しても友好的で韓国料理を食べに行くこともあります。

 

こちらのお店は美味しい韓国冷麺が手軽な値段で食べられます。

 

もちもちした太麺と春雨みたいなあっさりした細麺がありどちらも美味でした。

住所:5, ngỡ 189 Nguyễn Băn Cừ

 

色々あって紹介しきれませんが、長くなってしまうので最後に、私がハノイで一番よく食べるブンダウを紹介させてもらって終わりにします。

 

マムトムというつけ汁の匂いがきつく初めは衝撃でしたが、付属のquấtという酢橘か金柑のような果物の汁を絞るとマイルドになります。

 

私にとってはなかなか癖になる味で、週6回食べていた時期もあるほどです。

 

写真のお店は、砂糖を入れた甘いマムトムが魅力です。

 

これに酸っぱいquấtと辛い唐辛子を加えて食べます。

住所:110, Phan Kế Bính

 

ハノイにもいろんな食べ物があります。

色々挑戦してみると、新たな自分の好みが発見できるかもしれません。

 

メインコンテンツここまで

ベトナムではバスが便利!乗り方をご紹介。

 
2017年3月15日 カテゴリー:ベトナム, 生活

こんにちは!

海外引越のクラウンライン、ベトナム ハノイです。

 

ベトナムと言えばバイクのイメージが強い方が多いのではないかと思いますが、その通りです。

 

通勤ラッシュ時など歩道までバイクで一杯、歩くところが無いなんてこともあります。

 

当然事故も多く、危ないです。

 

そんな中でバイク移動は不安、でもタクシーだと高いし・・というときは、バスが便利です。

170315vn01

 

しかし間違ったバスに乗ってしまわないか不安な方も多いと思いますので、バスの使い方をご案内します。

 

バスを使うときは下記のウェブサイトを利用することをお勧めします。

Tìm đường xe buýt
http://timbus.vn/

 

使い方はGoogle Mapなどと同じで出発地と目的地を入れるだけです。

 

便利なのはバス停の名前を入れるのではなく、住所や建物の名前を入力するだけで出発地から最寄りのバス停までの行き方、バス停から目的地までの行き方、バスの番号まですぐわかるところです。

 

バス停に着けば、このような表示がありますので何番のバスが来るのかわかります。

170315vn02

 

バスに乗ると中で係の人にお金(約35円)を払い、紙切れをもらいます。

170315vn03

 

社内アナウンスなどは無いので、初めての場所に行くときはGoogleMap等を起動させて、自分の位置情報を把握しておく、もしくは車内の人に聞くのが良いです。

 

言葉に不安があれば、行き先を紙に書いて見せれば、きっと教えてくれます。

 

ベトナムの人は外国人にとても親切なので助かります。

 

ベトナムへ来た際は、バスで節約して、その分美味しいものを食べたりするのも良いかとおもいます。

 

170315vn04

メインコンテンツここまで

ホーチミンの動物園「タオ・カン・ビン・サイゴン」には気になるオブジェが!

 
2017年3月1日 カテゴリー:ベトナム, 観光

こんにちは、海外引越しのクラウンライン・ベトナム・ホーチミンです。

 

先週日曜日にホーチミンの動物園に行ってきました。

 

ホーチミンに来て1年半になりますが、動物園「タオ・カン・ビン・サイゴン」に行くのは2度目です。

 

ブログで紹介するのも2度目です。

 

ただ、今回は動物より動物園内に設置しているオブジェ(?)が気になりましたのでご紹介します。

 

▼動物園の場所

Thảo Cầm Viên Sài Gòn
住所: 2B Nguyen Binh Khiem Str., Ward Ben Nghe, Dist. 1, Ho Chi Minh City 70000, Vietnam
電話番号:+84 8 3829 1425
入場料:大人は5万ドン、身長100㎝までの子供は3万ドン

 

さて、動物はもちろんかわいいのですが、動物園内の緑の素晴らしさ、、、、

南国、日中は日差しが強く暑いのですが、園内に植えられた木々や写真のように日差しを遮る作りが各所で見られます。

170228vn01

 

それに、各所に設置しているオブジェがまたかわいらしい~

ご覧ください。

 

170228vn02

1703zoo01

 

1703zoo02

1703zoo02

1703zoo02z

 

1703zoo03

1703zoo03

 

1703zoo04

1703zoo04

 

1703zoo05

1703zoo05

 

1703zoo06

1703zoo06

 

1703zoo07

1703zoo07

 

1703zoo08

1703zoo08

 

1703zoo09

1703zoo09a

1703zoo09

 

動物園で生きた動物を見るのも楽しいですが、その他の物を発見するもの面白いですよ。

 

前回のブログでもご紹介しましたが、ベトナムでは動物園だけでなく、ほかにもペンギンのゴミ箱が設置されている所が結構あります。

 

是非ホーチミンに来られた際は、探してみてください。

 

1703zoo10

1703zoo11

 

動物園内に一体何個のペンギンゴミ箱が設置されているかは数えられませんでしたが、かなりの数のペンギンゴミ箱がありました。

 

いつもはゴミを気にすることなくポイ捨てするベトナム人ですが、ここではちゃんとゴミ箱に入れてました。

 

さすがに これだけ置いてあればポイ捨ては出来ませんね~

メインコンテンツここまで

2都市間の距離は1700km!ハノイとホーチミン、スタッフ集合!

 
2017年2月16日 カテゴリー:ベトナム, 生活

こんにちは!

海外引越のクラウンライン ベトナム ハノイです。

 

現在、ベトナムのクラウンラインはホーチミンとハノイに事務所がありますが、

 

2都市間の距離は1700km

 

程度も離れており、なかなかお互いに顔を合わすことがありません。

 

しかし、今回はホーチミンの方々の粋な計らいにより、ベトナムのスタッフ皆で集まる機会を設けてもらいました。

 

ハノイは現在冬で、寒い時は12度くらいまで冷え込みますが、2時間飛行機に乗って南へ下ると綺麗な青空と心地よい暖かさが待っていました。

170216vn01

 

ハノイに比べると、ホーチミンではヘルメットを被っている人が多く、交通マナーも良いような気がします。

170216vn02

 

夜はホーチミンのスタッフの方おすすめの素敵なお店で趣向を凝らした料理と綺麗な夜景を満喫。

170216vn03

170216vn04

 

初めて顔を合わす方も何人かいましたが、全く気兼ねすることなく楽しい時を過ごすことができました。

 

夜景をバックに記念写真も撮ってもらっちゃいました。

170216vn05

メインコンテンツここまで

旧正月を迎える準備

 
2017年1月17日 カテゴリー:ベトナム, 文化・習慣

こんにちは!

海外引越のクラウンライン ベトナム ハノイです。

 

1月になるとハノイでは旧正月を迎える準備が続々とはじまります。

 

町中で野外の1人カラオケコンサートステージが組み立てられ、お供え物や贈り物が多く売られるようになります。

 

20170117vn01

20170117vn02

 

日曜以外の休日がほとんどないベトナムでは、テトと呼ばれる旧正月はみんなにとって特別なものです。

 

この時期になると、話の話題もテトのことになりがちです。

 

今年のテトはどう過ごすの?

今年のテトは日本に帰るの?

日本には旧正月あるの?

 

といったような質問は何度も受けます。

 

ある日ある友人が食事の時に豆腐と野菜しか食べていなかったので、「今日は粗食だね」と言うと、「今日はテトの1カ月前だから、肉を食べたらいけないんだ」と言っていました。

 

もちろん肉を食べている人もいますが、昔からの風習を大切にするこの国ではこういった習わしを守っている人も多いようです。

 

ちなみに日本の食材のイメージの強い豆腐ですが、ベトナムでも頻繁に食べられており安く手に入ります。

 

ただし、生で食べる習慣はないようで鍋に入れるか、厚揚げにして食べるかの2パターンが多いです。

 

ベトナム語で豆腐はĐậu Phụ(ダウフ)と呼び、日本語と似ています。

 

20170117vn03

20170117vn04

 

また、その友人曰く、ベトナムでは赤ちゃんはお腹の中にいるときから既に年齢のカウントがスタートしており、生まれたときは既に1歳なのだ、と言っていました。

 

12ヶ月もお腹の中にはいないと思いますが、生まれたときはすでに1歳なんだそうです。

 

そして、テトごとに年を重ねるため、今年の場合12月に生まれた赤ちゃんは2月にはもう2歳なんだそうです。

 

2歳も年上になるのかと思いましたが、別の人曰く、あくまでオフィシャルな場では誕生日ごとに年をとるから誤解しないように、と言っていました。

 

しかし、ベトナムでは何歳か聞いたり答えたりするときによく「今年何歳になるか」と言うことが多いです。

 

なんだか少し損したような気分になっちゃいます。

メインコンテンツここまで