ホーム > ブログTOP

タイのリペ島へ小旅行!

 
2018年2月5日 カテゴリー:マレーシア, 観光

皆さん、こんにちは。

海外引越のクラウンライン マレーシア ペナン支店です。

 

先日、タイのリペ島へ行ってきました!

 

ペナンからは朝一番のフェリーでランカウイ島へ渡り、午後の船でランカウイ島からリペ島へという交通手段です。

 

リペ島へは午後2時半頃到着し、まずはホワイトビーチ沿いのイミグレーションで入国手続きです。

 

砂浜を大きな荷物をもって移動しなくてはいけませんので、運動靴や革靴ではなく、絶対にサンダルがお勧めです。

 

12月から4月頃がベストシーズンということでしたが、この日はあいにくの曇り空でした。

 

それでもペナンの海と比べものにはならない透明度の高さと白浜に、まずは満足でした。

 

リペ島は島全体を歩いて一周することができるコンパクトサイズです。

 

時間があればパタヤビーチ、サンライズビーチとサンセットビーチの3つのメインビーチを楽しむことができます。

 

また、島内にはインターナショナルクリニック(海外旅行保険適応)、レストラン、バー、コンビニ、ATM、タクシーバイクなどがあり、そこそこ充実しております。

 

翌日は、ボートで近くの離島を巡り、シュノーケリングを楽しむことができました。

 

綺麗なビーチと秘境を楽しむことができるリペ島、お勧めのスポットです。

 

ただし、比較的大きな野良犬があちこちにいますので、気をつけてください。

メインコンテンツここまで

クラウンライン マレーシア メンバーで食事会!

 
2018年1月31日 カテゴリー:マレーシア

こんにちは、海外引越のクラウンライン マレーシアです。

 

先日、会社の同僚達とビュッフェに行ってきました!

 

クラウンライン マレーシアのメンバーです。

 

ビュッフェのメニューにお寿司、お刺身があり、ドキドキしながら始めてお刺身に挑戦した同僚もいました!

 

頑なに挑戦しなかった同僚もいました。。。

 

これからのお引っ越しシーズン、

メンバーみんなでお客様のお引っ越しを全力でサポートさせていただきます!

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

クラウンライン マレーシア
http://my.crownline.jp/

Tel: +60 3 6275 1830
日本人直通: +60123176353

Email: hikkoshi_KL@crownline.com.my

メインコンテンツここまで

クアンタンでナシククス!

 
2018年1月24日 カテゴリー:マレーシア, 観光

こんにちは。

クラウンライン マレーシアの相良です。

 

今回は、マレーシアのクアンタンに行って来ました。

 

こちらはKL市内から4時間くらいの場所にあり、マレーシアの東海岸の海の近くです。

 

海ではサーフィンや海水浴をしている地元の方で賑わっています。

 

早速近くの美味しいと有名なナシククスのお店に向かいました。

 

こちらはアヤム(フライドチキン)とナシ(ご飯)のセットメニューになった料理。

ローカルの方が大勢食べていましたが、はっきりいって味は濃いめでご飯ととても絡み、めちゃくちゃ美味しいです。

 

カウンターも綺麗でわかりやすくて、注文も簡単なので安心。

 

お店を見つけた時は、ぜひ食べてみてください♪

メインコンテンツここまで

【20台限定】 変圧器を無料進呈させていただきます!

 
2018年1月18日 カテゴリー:マレーシア

こんにちは!

 

海外引越しのクラウンライン・マレーシアです。

 

クラウンライン・マレーシアでは、この記事をご覧になっていただいている方に、変圧器を無料進呈させていただくことになりました!

 

 

*中古品でやや使用感がありますが、作動します。
*20台限定です。

 

配送対象地域はクアラルンプール市、及びその近郊に限らせていただきます。

(配送料は別途RM30頂戴いたします。)

 

ご興味がある方は是非、下記E-mailまでご連絡をお願いいたします。

 

■お問い合わせ先
hikkoshi_kl@crownline.com.my

 

台数限定につき、先着順とさせていただきます。

 

皆様からのご連絡、お待ちしております!

メインコンテンツここまで

友人のお婆さんの3回忌に招かれました。

 
2018年1月17日 カテゴリー:ベトナム, 文化・習慣

こんにちは!

海外引越のクラウンライン、ベトナム ハノイです。

 

先日友人から週末の予定を空けておくように言われました。

 

何かあるのか聞いてみるとお婆さんの3回忌に招待したいとのことでした。

 

ベトナムにも3回忌があるんだなというのに驚きましたが、全く故人と面識のない私を誘うことにも少しびっくりしてしまいました。

 

当日は運転手付きの車をよこしてくれて会場に向かいました。

 

ついてみるとかなり大勢の人が待っていました。

 

亡くなって3年が経過したら、新しくきれいな墓を建てるんだそうです。

 

ベトナムではよく家にお呼ばれすることがありますが、その際はちょっとした手土産を持って行くのがベターです。

 

通常は特に高価なものである必要は無く、市場で買った果物やミルクやお菓子など200~300円程度の物で十分です。

 

しかし、このような式典の場合はお金を用意します。

 

相場は20万から50万ドンですが、日本人の場合は20万ドンだと少し気まずいかもしれません。

 

お金は自分の名前を書いた郵便封筒に入れて、お供えします。

 

 

仏壇に手を合わせた後は、恒例のお酒と食事です。

 

このラインナップもう何度も見ました・・

 

朝から大量のお酒を飲み、帰りの帰りの車でさらに車酔いになってしまい、帰ったらぐったりでした。

 

ベトナムに3回忌があったので少し詳しく聞いてみると・・。

 

ベトナムでは人が亡くなったら、まずお葬式が行われ、その後、月前半に亡くなった場合15日、月後半に亡くなった場合は翌1日にもう一度 lễ cúng tuần という式が行われるのだそうです。

 

さらに49日もあり、その後1周忌、3周忌、さらに毎年命日にも家族が集まるとのことでした。

 

やはり同じ仏教国だからか日本とよく似ていますね。

メインコンテンツここまで