ホーム > ブログTOP

ラマダン(断食月)にちなんでイスラム教のお祈りとモスクをご紹介します!

 
2019年4月18日 カテゴリー:マレーシア, 文化・習慣

こんにちは!

海外引越のクラウンライン マレーシアです。

 

今日は、イスラム教のお祈りとモスクについてちょっと紹介してみたいと思います。

 

マレーシアの日の出(日の入りも)はそんなに変化がありません。

7時10分ちょっとくらいから、いつも明るくなってきます。

 

その頃、聞こえてくるのが・・モスクからのアザーン

 

音楽ではなく、アカペラです!! (録音だとは思いますが)

 

どういうことを言ってるのかな?と思い、ちょっと調べてみました。

 

『アザーンとはイスラム教徒の礼拝を呼びかける合図で、簡単にいえば

 

「おーい、礼拝の時間だよー、みんなモスクに集まれ〜」

 

というもの』

 

なーるほど、そういうことだったのですね。

 

そして、その大音量で流れてくる言葉の意味とは・・・、

 

・アッラホ アカバル アッラホ アカバル
(神様は偉大である)

・アシュハド アンナ ラー イラハ イッラ アッラー
(我々はアッラー以外に神はいないと宣言する)

・アシュハド アンナ ムハッマダン ラスウール アッラー
(ムハッマド預言者は神様の預言者であると宣言する)

・ハッヤ アラ アッサラ―
(礼拝に来て!!)

・ハッヤ アラ アルファラー
(成功のために来て!!)

・アッラホ アカバル アッラホ アカバル
(神様は偉大である)

・ラー イラハ イッラ アッラー
(アッラー以外に神はいない)

 

これが毎朝、2~4回ほど繰り返されて聞こえてきます。

 

お祈りのタイミングとしては、

Isya:夜、就寝の前
Subuh:早朝
Lohor:正午過ぎ
Asar:おやつの時間
Magrib:日没

 

『それぞれの頭文字をとるとISLAM、イスラムになります。』

 

すごい、そういうことだったのですね。初めて知りました!!

 

次に、私が気に入っている、モスクを紹介したいと思います。

 

[ Blue Mosque ]

この美しいブルーモスクはマレーシア最大のモスクで、世界でも4番目に大きいモスクです。

24,000人を収容でき、尖塔は142mもあり世界一の高さです!

所在地:
Pesiaran Masjid, Seksyen 14, Shah Alam, Selangor,
40000, Shah Alam, Selangor Malaysia

 

 

[ Purta Mosque ]

別名、Pink Mosque とも呼ばれてます。

1999年に完成された、約12,000人を収納出来るそうです。

マレーシアの行政都市、Putrajayaにあります。

大きく荘厳なブルーモスクと比べると、少しコンパクトで、色合いからも可愛いらしい感じがします。

所在地:
Persiaran Persekutuan, Presint 1, 62502 Putrajaya,
Wilayah Persekutuan Putrajaya

 

 

[ Kapitan Keling Mosque ]

ペナンのジョージタウンで、世界遺産エリアにある、有名なモスク。

1801年創建のインド系ムスリム寺院で、1910年に現在のインドムーア様式に改築されたそうです。

所在地:
14, Jalan Buckingham, George Town, 10200 George Town, Penang

 

 

[ Ubudhia Mosque ]

ウブディア モスクは、KLとPenangの中間、Perak州の町Kuala Kangsarにあります。

ペラ州の州都はイポーですが、クアラ カンサーにはスルタンが住んでいます。

1919年に完成したこのモスクは、とても美しく、元はスルタンのためのモスクで、マレーシアいち、美しいモスクと言われています。

まるでアラビアンナイトの世界に来たような、そんな雰囲気を味わえるかと思います。

所在地:
Jalan Istana, 33000 Kuala Kangsar,Perak

 

 

今年のラマダン(断食月)は 5月5日(日)~6月3日(月)までです。

この時期は、より一層イスラム教の方々を意識する機会も多くなります。

 

アザーンやモスクにも興味を持たれたら、一度ネットなどで調べたり、モスクに行ってみるのも良いかもしれません。

メインコンテンツここまで

ニューデリー付近の観光地「インド門」をご紹介!

 
2019年3月18日 カテゴリー:インド

こんにちは!

海外引越しのクラウンラインインディアです。

 

今回は、ニューデリー付近の観光地「インド門」についてご紹介させていただきます!

 

インド門は、第一次世界大戦の戦死者を弔うために1929年に建てられた門です。

 

高さは42mあります。

 

ちなみにフランスの凱旋門の高さは50mと、凱旋門に負けない迫力です!

 

インド門はニューデリーの中心地にあり、最寄り駅はイエローラインのメトロステーション Central Secretariat 駅です。

 

最寄り駅からインド門まで徒歩で20分、オートリキシャで7分ほどのところにあります。

 

駅を出インド門がすぐに見えますが、歩いてみると思ったより時間がかかりましらので、オートリキシャに乗ることをお勧めします!

 

入場料は無料です。

 

私は夕方18時頃にインド門に着きましたが、まず始めに人の多さに驚きました。

 

インド門までの通りには、多くの屋台や物を売る人がとにかく多い!

 

門の前に行くのに、なかなか前に進めず苦労しました。

 

周りが暗くなってくると、インド門がライトアップされ、とても綺麗でした。

 

 

皆さんはこの食べ物にどこか見覚えはありませんか?

 

「世界の果てまでイッテQ!」や YouTube などで見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

こちらは「ファイヤーパーン」という名前のものです。40ルピー(約60円)

 

パーンとは、キンマという葉っぱに香辛料や砂糖ドライフルーツなどを載せて一緒に食べるガムのようなものです。

 

私も一度は、体験したいと考えていたのですが、なかなかお店に出会えず諦めかけていた頃、なんとインド門の屋台で発見しました!

 

ですが、実際に火を口に入れる光景を目の当たりにすると、怖くて私は出来ませんでした・・・。

 

インスタ映え間違いなしの、ファイアーパーンを体験してみてはいかがですか?

メインコンテンツここまで

初めての旧正月

 
2019年2月15日 カテゴリー:マレーシア, 文化・習慣

こんにちは!

海外引越しのクラウンライン・マレーシアです。

 

今回は先日あった旧正月をご紹介します。

 

皆さんは、マレーシア人の約25%が中華系であることをご存知でしょうか?

そのためマレーシアには多くの中華料理屋やお寺があります。

 

中国人だけでなく、中華系の人々にとって旧正月こそが1年で最も大事な祝日ということで、ここマレーシアでも国中が旧正月モードになります。

 

おそらくマレーシアで最も高級なショッピングモール Pavilion Mall はこのように行事がある毎に豪華な装飾で人々を魅了します。

 

中華系の人々は、日本のようにお正月になると家族でお参りをするいうことで、中華系の友人にお寺に連れて行ってもらいました。

 

なんでも綺麗なお寺だということで、正直あまり期待はしていませんでしたが(笑)、着いてびっくり!!

 

そこにはまるで、『千と千尋の神隠し』の舞台のような(台湾にもありますが)お寺があるではありませんか!

 

デコレーションで綺麗に見せてる感はありますが(笑)、それでもこの光景は圧巻!

お寺と言うより、期間限定の観光地です。(実際に観光客も多くいました)

 

 

旧正月は毎年その日にちが変わりますので、来年は旧正月に合わせてマレーシアもしくは中華系の国を訪れるのもいいかもしれません♪

 

ではまた次回!

メインコンテンツここまで

新年明けましておめでとうございます!

 
2019年2月5日 カテゴリー:中国

明けましておめでとうございます!

海外引越しのクラウンライン上海です。

 

出だしから「今更新年の挨拶とか遅くない!?」と思われますが違います。

 

中国の新年は春節を迎えて初めて年が明けるのです。

 

つまり、今年は2/5の春節(旧正月)を迎えて初めてこの挨拶ができるのです。

 

という事で、

 

皆さま新年明けましておめでとうございます。

今年もクラウンライン中国をよろしくお願いいたします。

 

すみません、まだ続きます。

 

さて、中国は年一回の一大イベントを迎えておりまして、大半の国民は連休で実家に帰る方や旅行に出かける方等々、沢山の人が移動を開始します。

 

勿論、人口の多い中国ですからいたるところで人の移動は大変なことになっております。

 

最寄りの新幹線の駅でのチケット売り場や到着ロビーへ向かう通りはこんな感じです。

 

中継ロビーです。

 

そして出発ロビーです。

 

ここはまだ入り口付近ですが、中は奥までびっしり朝から晩まで沢山の列車が乗車券を売り切れで走らせてますが、全く人が減りません。

 

上海では新幹線の駅が主に2つありますが、そのどちらも常時満員です。

行きも帰りもこの状態です。

 

この時期は治安も非常に悪く、移動中はまったく気が抜けません。

折角の連休ですが、中国在住でお出かけになる方はご注意ください。

 

そして、無事この人込みを乗り越えて楽しい正月を迎えましょう。

 

それでは良いお年を!また次回。

メインコンテンツここまで

イポーへの小旅行がオススメ!(チャイニーズ・ニューイヤーのこの時期)

 
2019年2月1日 カテゴリー:マレーシア, 観光

皆様、こんにちは!

海外引越しのクラウンライン マレーシア ペナン支店です。

 

チャイニーズニューイヤーが来週に迫り、クアラルンプールの大都市等で働いている方の帰省ラッシュが始まりました。

 

この時期のペナン島は帰省する人と、旧正月の休みで遊びに来る人で混み合っています。

 

しかし、ペナンは中華系の方が多く住んでいますので、朝市や屋台、レストラン、そして、デパートやスーパーマーケットまでが、殆どがお休みとなってしまいます。

 

食事場所を探すのも難しいので、この時期にペナンへ観光に来られる方はお気をつけください。

 

この時期は、ペナンから車で2時間程にあるマレーシア第三の都市イポーの小旅行がお勧めです。

 

イポーの高速を出たところに、「Gunung Lang」というレクレーションセンターがありますので、休憩程度に立ち寄ってみてください。

 

ここには、湖もあり、観光船が一人100円程度で乗船できます。

 

また、ミニ動物園もありますので小さなお子様をお連れの場合はそれなりに喜んでくれるはずです。

 

また、イポーはお寺も多くまた、洞窟も有名です。

 

テンプルン洞窟は、往復40分コースの初級者コース、1時間コース、3時間コース、そして、ヘルメットとヘッドライトをつけ水の中を歩く4時間コースのツアーがあります。

 

アドベンチャー気分を味わいたい方にお勧めのスポットです。

イポーは、果物のポメーロ(ザボンの仲間)の産地でもあります。

お帰りの際は、イポー産のおいしい巨大かんきつ・ポメーロを是非買ってみてください。

 

メインコンテンツここまで