ホーム > ブログTOP > World

「 World 」

ドンナイ省ボーカップバン観光区へ日帰りローカル旅行!

 
2017年12月22日 カテゴリー:ベトナム, 観光

こんにちは!

 

先日、息子夫婦とその友人が日本から遊びに来ました。

 

息子夫婦がベトナムへ遊びに来るのは2回目となり、今回のリクエストは

「日本人の行かないようなローカル感が味わえる場所に行きたい」との事。

 

思案の末、以前弊社で働いていたベトナム人の友人宅があるドンナイ省に日帰りで行くことにしました。

 

そこは、ボーカップバン観光区(Bò Cạp Vàng)というベトナム南部の伝統的な風景や文化などを体験できる観光スポットで、ホーチミン市から約20キロと近いため、週末になると学生など多くの客でにぎわいます。

 

東南部 ドンナイ省 ニョンチャック郡フオックカイン村にあるボーカップバン観光区
住所:Phước Khánh, Nhơn Trạch, Đồng Nai

 

息子夫婦+友人+我々夫婦、総勢6人の移動には、運転手付き 7人乗りのレンタカーを事前に予約しました。(1日VND 1,500,000)

 

土曜日 朝 9:00 出発~

家までレンタカーがお出迎え~

 

ホーチミン市のカトライ港(Cat Lai Port / 引越荷物がつく所)まで、自宅から30分ほどで到着。

 

ドンナイ省へは、スワイラップ川(Sông Soài Rạp)を渡ります。

 

カトライ港からフェリーに乗り込みます。

料金は、車:VND50,000・バイク:VND5,000 程度。

 

フェリーが動き出して約5分ほどでドンナイ省に到着~

 

友人(ベトナム人)に港まで迎えに来てもらいました。

 

そこから車で40分ぐらい南下して、ボーカップバン公園に到着~

入園には、大人一人 VND50,000 です。

 

 

童心に戻って大はしゃぎしてしまいました。

 

 

 

バギーも楽しい!

レーサー気分が味わえます。。。

 

思いっきり遊んだ後は、食事タイム。

園内にある店に注文して、川沿いのテーブルへ運んできてもらえます。

 

今回は、土曜日だったため、訪れる人が少なくゆっくり遊べました。

 

通常、日曜日・祝日は人が多いそうです。

1年ほど前の日曜日に遊びに行ったスタッフの写真がこれです!

 

午後から、ベトナム人の友人宅へお邪魔しました。

 

遊んだ後のビールは格別です。

 

そして、やっぱり日本人には一度も遭遇しませんでした。

ベトナム ローカル旅行を堪能して息子たちも大満足でした。

 


メインコンテンツここまで

【詳細レポート】 ハノイの日本人向けホテル Grandiose Hotel & Spa

 
2017年12月18日 カテゴリー:ベトナム, 生活, 観光

こんにちは!

海外引越のクラウンライン ベトナム ハノイです。

 

オフィスの近くに新しく日本人向けのホテルができたので少し取材をしてきました。

 

大通りに面していて近くに大きなショッピングセンタービルもあり、ロケーションは問題なしです。

 

日本大使館から350mの所にあるので、赴任後に家を決めるまでの一時滞在にも良いかもしれません。

 

早速入ってみると、やはりできたばかりとあって綺麗です。

 

調理場はオープンキッチンとなっていて、調理の様子を見ることができるので安心できます。

 

肝心のお部屋はというと、各アメニティグッズや冷蔵庫もあるし、トイレは日本と同じウォシュレットタイプ。

 

読書灯は好きな角度に調節できます。

 

ベットの横に気になるボタンがありました。

 

一目瞭然ですが don’t disturbmake up the room のボタン。

 

わざわざ部屋の外までかけに行かなくても、寝たままで操作できるのでいいですね。

 

この日はプレオープン初日でしたが、早速日本人のお客さんが何組か訪れていました。

 

ハノイの日本人向けサービスは、これからも増々多くなりそうです。

GRANDIOSE HOTEL & SPA
http://www.grandiosehotels.com/

 

メインコンテンツここまで

クラウンラインマレーシアではペットのお引っ越し(輸入)も手配しております。

 
2017年12月14日 カテゴリー:マレーシア, 生活

こんにちは、海外引越しのクラウンラインマレーシアです。

 

弊社ではペットのお引っ越しも手配しております。

 

日本からマレーシアにペットを連れてくる場合は係留は発生致しませんが、日本以外からの国からペットをマレーシアに連れてくる場合は係留が発生することがございます。

※係留が発生してくる国(例:中国、フランス、タイなど)

 

係留期間は通常7日間となります。

 

係留場はクアラルンプール国際空港(KLIA)から車で20分ほどの場所にあります。

 

<係留所の入り口>

<建物>

<ペットが係留期間を過ごす建物>

ここでペットは7日間過ごすことになります。

 

森に囲まれた静かな場所です。

 

係留期間中は係留所の職員が毎日ペットの世話をしてくれます。

問題がなければ7日間後にペットはご自宅へ帰ることになります。

 

係留中は面会も可能です。

週末に面会に訪れる飼い主さんもいらっしゃいます。

 

係留所 詳細

ANIMAL Quarantine Stations KLIA

Jalan Pekeliling 4, Zon Selatan ,

64100 KLIA Sepang, Selangor

Tel: 03-8787 2377 / 03-8787 2379

 

弊社では、日本以外の国からのペットの輸入もお手配させていただきます。

もちろん係留所のお手配もしております。

何かございましたら、お気軽にお問い合わせください!!

 

クラウンライン マレーシア
http://my.crownline.jp/
メインコンテンツここまで

幸せのおすそ分け

 
2017年12月12日 カテゴリー:ベトナム, 生活

海外引越しのクラウンライン

 

毎朝、ホーチミン日本人学校に行く子供のために5時前に起きて弁当作りをしています。

 

朝早く起きるのはつらいけど、きれいな朝日がほぼ毎日見れるので幸せな気持ちになります。

 

今日も一日を大切に頑張ろうという気持ちになれます。

 

そんな幸せのおすそ分け。

 

午前5時頃、「うっすらと光が・・・」

朝日です!! 元気をもらえます

 

さ~~

今日も一日がんばりましょう!

 

ここ、ベトナム ホーチミン市(旧サイゴン)は、熱帯気候で平均湿度は75%(日本の夏の湿度とほぼ一緒)。

 

1年の2つの季節(雨季・乾季)に分かれます。

 

 雨季(5月~11月下旬)

 乾季(12月~4月)平均気温 28度

 

ベトナムの首都 ハノイから1,760㎞南に位置します。

【北海道から鹿児島(1,888㎞)とほぼ同じ】

 

ホーチミン市の面積は2,095㎦ 東京都(2,191㎦)とほぼ同じ

 

人口は15歳までは24%

 

15~49歳と働き盛りは58%

 

50歳以上は18%

 

 

若い人が多いと街は元気です。

そんな中にいると自然と元気になれるような気がします。

メインコンテンツここまで

オリンピックの「5つの輪」の意味は?(東京五輪へ向けて)

 
2017年12月5日 カテゴリー:シンガポール, 文化・習慣

こんにちは。

海外引越しのクラウンライン シンガポールです!

 

突然ですが、オリンピックの「5つの輪」、その意味をご存知ですか?

 

この5つの輪は、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸の結合と連帯を表しています。

 

オリンピックが、世界中のアスリートが集まり、「平和の祭典」と呼ばれるのも納得ですね。

 

さて、今、シンガポールでは、この五輪の輪をコンセプトとした若手アーティストの展示会が開催されています。

 

イベント名は、

The Circles of Life 輪廻

– An exhibition by Takanao Todo and Justin Lee –

 

シンガポールと日本人の若手アーティスト2名がコラボレーションし、陶芸とデザインを融合させた作品を発表し、東京五輪へ向けた啓発をするものです。

 

場所は日本大使館すぐそば、4 NASSIM ROADにある「Japan Creative Center」です。

 

先日、オープニングセレモニーが開催されたので、足を運んでみました。

私自身、この建物は初めて訪問しました。

 

周囲を緑で囲まれた美しい伝統建築物は、木の香りの心地よい空間で、賑やかなオーチャードロードのすぐ脇にひっそりと佇んでいます。

 

2009年に開所されたこの施設は、シンガポールと日本の両国政府が協力して、文化を中心とした日本の「いま」を伝える新しいタイプの情報発信拠点として利用されています。

 

(左から)アーティストの藤堂さん、所長の杉田様、イベント企画のJSCOMPASS長村様、アーティストJUSTINさんによる記念撮影

 

オープニングイベントでは、杉田所長によるご挨拶に続き、2人アーティストによる説明などがあり、参加者はオードブルに舌鼓を打ちながら、和やかに交流を深めていました。

 

アーティストに創作のインスピレーションを聞けるとあって、皆さん興味津々にアーティストのお話に聞き入っていました。

 

この展示は、東京五輪へ向けた啓発イベントとして12月9日まで無料で開催され、一般の方も自由に訪れることができます。

都会の中にひっそりと佇む静かな空間で、アーティストの息吹を感じるこの展示会、買い物の合間などにぜひ足を運んでみてください。

 

The Circle of Life:
An exhibition by Takanao Todo and Justin Lee, 25 Nov – 9 Dec 2017 at Japan Creative Centre (JCC)
http://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/invite_circlesoflife_2017.html
メインコンテンツここまで