ホーム > ブログTOP > ご飯

「 ご飯 」

クアンタンでナシククス!

 
2018年1月24日 カテゴリー:マレーシア, 観光

こんにちは。

クラウンライン マレーシアの相良です。

 

今回は、マレーシアのクアンタンに行って来ました。

 

こちらはKL市内から4時間くらいの場所にあり、マレーシアの東海岸の海の近くです。

 

海ではサーフィンや海水浴をしている地元の方で賑わっています。

 

早速近くの美味しいと有名なナシククスのお店に向かいました。

 

こちらはアヤム(フライドチキン)とナシ(ご飯)のセットメニューになった料理。

ローカルの方が大勢食べていましたが、はっきりいって味は濃いめでご飯ととても絡み、めちゃくちゃ美味しいです。

 

カウンターも綺麗でわかりやすくて、注文も簡単なので安心。

 

お店を見つけた時は、ぜひ食べてみてください♪

メインコンテンツここまで

ハノイの旧正月(テト)!

 
2016年2月10日 カテゴリー:ベトナム, 文化・習慣

こんにちは!

クラウンライン ベトナム ハノイです。

 

日本でもお正月は盛大にお祝いしますが、ここハノイにもお正月があります。

 

「テト」と呼ばれるもので、旧暦でお祝いするために毎年期間は多少ずれるようですが、2月初旬に行われるようです。

 

ちなみに、今年の元旦は2月8日になります。

 

日本でも、お正月前の年末は仕事や準備に忙しい半面、みんなわくわくした気持ちになると思います。

 

それはここハノイでも同じようで、最も重要な祝祭日を前にみんな楽しそうです。

 

街では、いつもと違ったものが売られ始めます。

 

代表的なのが、こちらのきんかんと梅の木です。

日本のしめ飾りのようなものでしょうか。

 

このきんかん、食べてみましたがとってもすっぱかったです。

160210vn01

160210vn02

 

またこちらの赤いおこわのようなご飯も良く見ます。

日本のようなお餅はあまり多くはみないですが、もち米はメジャーなようです。

160210vn03

 

こちらは職場の近くのよく利用するバナナ屋さん。

テト前になってからは、このような青いバナナばかり置いているようになりました。

160210vn04

日本でもお供え物には青バナナを使いますが、同じ用途なんでしょうか。

私は食べたい時に買うので、少し困ってます。

 

また、日本ではお盆に迎え火や送り火を焚きますが、ハノイでも家の前で火を焚くようになりました。

 

日本ではご先祖様が道に迷わないようにという意味があるのに対して、こちらでは燃やしたものが故人のもとへ届くと信じられているようです。

160210vn05

160210vn06

 

夜になると広いスペースを持つ施設では、いろんな出し物が行われていたりします。

売られているものはさまざまですが、めずらしいものやお買得なものがたくさんあって楽しめます。

160210vn07

丁寧に彫られたスイカなども売られていました。

ベトナム人の器用さがうかがえます。

 

160210vn08

靴は80,000VND!

日本円で400円強とお買い得です!

 

テト前には交通の取り締まりも強化されるみたいで、頻繁に公安官に呼び止められているバイクや車を見るようになりました。

160210vn09

交通事情の悪いベトナムですが、こんなことにならないよう慎重な運転を心掛けたいものです。

(と言っても、私はバイクを持っていませんが・・)

メインコンテンツここまで

Nghi Sonへの出張(ベトナム人スタッフとの仲良し3人旅!)

 
2016年1月19日 カテゴリー:ベトナム, 観光

こんにちは!

クラウンライン ベトナム ハノイです。

 

先月ですが、Nghi Sonという町へ、ベトナム人スタッフ達とともに出張に行ってきました。

 

約250kmの長い道のりをトラックで向かいます。

いつも交通量の多い賑やかなハノイを離れると、すぐに田舎の閑散とした風景が広がります。

 

160119vn01

 

途中でマイクでなにか言っているのが聞こえてくると、車が突然スピードを落としだしました。

 

すると、横にバイクがやってきて、お互いに走りながらベトナム人スタッフとなにやらやり取りを始めています。

 

160119vn02

 

驚いたことに、お菓子の移動販売でした!

これはさすがに日本では見たことがありません。

 

かりん糖のようなお菓子で甘くておいしかったです。

3人で仲良くシェアしていただきました。

 

160119vn03

 

途中のThanh Hoaという町に着いたころにはすっかり夜になっていました。

この日の仕事を終え、3人で仲良く地元の食堂でご飯を食べます。

 

160119vn04

 

一応断っておきますが、お酒を飲んでいるのは助手席に座っているベトナム人スタッフです。

ここベトナムでも、飲酒運転はもちろんNGですよ。

 

160119vn05

 

ご飯を食べた後はいよいよ今日の宿泊地のホテルへ向かいます。

泊ったのはこちらのホテル。

 

160119vn06

 

部屋の方はこちら。

 

160119vn07

 

悪くないなと思いきや、こちらの部屋を3人でシェアする様子。

今晩はこのベッドで男3人、まさしく川の字になって寝ました。

 

まだほとんどベトナム語は理解できませんが、この頃にはすっかり打ち解けていて、意外とまったく苦ではありませんでした。

 

翌朝は、ベトナム北部の名物ブンチャーでパワーを注入し、Nghi Sonでの仕事に向かいます。

 

160119vn08

 

相変わらず閑散としています。

 

160119vn09

 

お昼もみんなと一緒にもりもり食べます。

みんな力仕事を生業としているだけあって、すごい食欲でどんどんおかわりします。

 

私も負けじと食べますが、もうお腹はパンパンです。

 

160119vn10

 

この日の仕事を終えた後は帰路に向かいます。

帰りのThanh Hoaのモニュメントを見ながら(じつはこの日が)クリスマスイブだったことを思い出しました。

 

160119vn11

 

途中のNinh Binhという町で夕食。

今回の出張、最後の料理はチャーハンでした。

 

160119vn13

160119vn12

 

食後には、ハノイでは恒例のお茶を飲んで帰りました。

 

ハノイの喧騒に疲れたら、このような田舎を訪れてみるのもよいかもしれませんね。

 

メインコンテンツここまで