ホーム > ブログTOP > 台湾

「 台湾 」

クラウンライン台湾の現場リポート(2)

 
2016年12月28日 カテゴリー:台湾, 現場レポート

こんにちは、海外引越しのクラウンライン台湾で御座います。

 

今回は台北から車で1時間半ほど離れた、

新竹市でのお引越し現場をレポートさせて頂きます。

 

新竹市は、「台湾のシリコンバレー」と呼ばれるほど

半導体関連の会社やその他メーカー等の台湾系、

外資系の会社が多く進出している地域で御座います。

 

また高層マンションも多く建てられており、

海外からの駐在員の方々で多くの人が新竹市に住まわれております。

pics_1_1

pics_1_2

 

弊社のお引越しサービスは、日本人が全ての業務にアテンドをし、

お客様の言葉の面での不安が無くなるだけでなく、

その他実際の梱包に関しましても大型の家具から、

キッチン用品等の割れ物等、小物まで一つ一つ大切に梱包をしております。

 

下はベットを解体している様子。ネジ等も種類ごとに分け丁寧に梱包します。
pics_3

 

また急なお引越しの場合でもご安心ください。弊社のお引越しサービスは、

梱包スタッフが全てのお荷物を大切に梱包させて頂きますので、

お客様には、荷物の仕分け・梱包の指示を頂くのみで御座います。

 

さて梱包が終了しましたら効率的に木箱、コンテナへの積み込みを致します。
pics_4_1
軽い物は上、重い物は下、なるべくコンパクトに、

かつ荷物が崩れないように……etc。

箱詰め担当のスタッフが慣れた手つきで隙間なく入れていきます。

 

「海外での引越し現場って、言葉の面は大丈夫だろうか?」

「ローカルの作業員の梱包ってどのように行うか不安…」

という方もいるかとと思います

 

しかし!! 弊社の引越しでは上記の様な不安はご無用で御座います。

 

今後も海外引越しの現場の様子をブログ等、様々な方法でお伝えしながら、

お客様の声にしっかりとお応えすべく社員一同全力で取り組んで参ります!

台湾からのお引越し、台湾へのお引越し、台湾でのお引越しは

是非ともクラウンライン台湾をご利用下さいませ!

メインコンテンツここまで

台湾の古き良き習慣

 
2016年12月6日 カテゴリー:台湾, 文化・習慣

大家好(ダージャハオ)!!

 

皆様こんにちは、クラウンライン台湾で御座います。

 

今回は先ず台湾の習慣「拜拜(バイバイ)」を紹介いたします。

さて、台湾で生活していると必ず目にするこの光景。

pray_1
何やら皆でお祈りをしております・・・。

 

pray_2
テーブルの上にはお花やら、お菓子やらお供え物が沢山

 

pray_3
さらにあの世のお金(冥紙※)を燃やし、霊を鎮めるため祈りを捧げます。

※冥紙には金紙と銀紙があり、金紙は神様へ、銀紙は先祖や亡霊に使うそう

 

台湾では商売繁盛、結婚の際や、誕生日、葬式、建築施工前、映画等の撮影前など様々な時に神様や先祖などに対してこうしたお祈りの儀式を行う習慣があります。

 

一般家庭から、コンビニ、レストラン、病院など大小問わずあらゆる人が行っているので、その信仰心に敬服します。
そういえば墓参りなんか何十年も行ってないな…。(反省)

 

商売をするところでは、毎月旧暦にあたる2日と16日に拜拜を行うんですが、先祖が戻ってくるとされる8月(旧暦の7月15日)なんかはもっと大掛かりになり、いたるところで拜拜が行われ、その規模も大掛かりになります。

 

さらに、ついでにこちらは9月の連休である中秋節に行われた様子。

pray_4

 

・・・。

何やら賑やかでカラフルな人たちが、こちらへ向かってきます。

 

 

pray_5

 

デカい!!!!

 

巨大な人形隊(神様の姿を模した物らしい)を引き連れた一行が爆竹の轟音とともに道路を練り歩く姿は圧巻です。

 

来年の1月末には台湾で一番長い連休である春節がやって参りますが、
さらに大掛かりなものだと想像すると非常に楽しみであります。

 

メインコンテンツここまで

台湾で垣間見れる一流サービス

 
2016年11月10日 カテゴリー:台湾, 生活

こんにちは、クラウンライン台湾で御座います。

 

今回は、「サービス」というテーマについてお話ししたいと思います。

 

先日、台湾の新竹市にて、タクシーを利用しました。

 

たまたま乗車した一般のタクシーにて、私の拙い中国語で行先を告げると、「日本人か?」と運転手さんが声を掛けてくれました。

 

「そうです」と伝えると、日本に興味があるようで、優しく話を色々としてくれました。

 

台湾国内でよくタクシーを乗ると、日本人という事でよく話しかけてくれる場面も多く、ここまではいつもと変わらぬタクシーの一場面でした。

 

しかし、タクシーの車内を見回すと、物凄い無料の「サービス」が散りばめられていたのです。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91
①飲み物(常温の水、冷たい水、コーラ、スポーツドリンク)

②携帯充電器・パワーバンク

③綿棒

④睡眠に適したアロマ

 

ここまででも一般のタクシーでは十分良すぎる、「サービス」であり(特に④のアロマには驚きました)、また是非使いたいと自然と思えるひと時ではありましたが、
更に驚くべき、「サービス」がありました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92

カラオケサービスです。

 

もしかすると台湾のみならず、タクシーでカラオケを見かけた事のある方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかしながら、このタクシー運転手さんの凄いところは、乗客がカラオケを歌うと、間奏や歌い終わりに必ず拍手をし、おもてなしを欠かさないとの事でした。
(運転中は両手をハンドルから手を離せない為、片手で音が出せるマラカスが運転手さんの横に置いてありました)

 

新竹市には、日系企業が多く、日本人の乗客も多い為、お勤めの会社様に許可を取り、「自腹で」カラオケセットを購入し、更に上記のカラオケ時の「日本流」おもてなしも徐々に身に着けていったとの事でした。

 

運転手さんによると、カラオケや多くの「サービス」のお蔭で、運転手さんご指名でご利用になられるお客様が急増しているとの事でした。

 

弊社も、お引越し「サービス」を日々、お客様に提供させて頂いております。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93

 

%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%94

お客様によりよいお引越しを提供させて頂き、

「また使いたい」と思っていただけるよう、

引越しのファーストクラスとなれるよう、

お客様の為にこれから更に精進して参ります。

 

皆様、台湾へのお引越し、台湾からのお引越し、台湾でのお引越しの際には、

是非ともクラウンライン台湾へお声掛け下さいませ!

メインコンテンツここまで

台湾のレシートには夢が沢山!!

 
2016年10月28日 カテゴリー:台湾, 生活

こんにちは、

クラウンライン台湾で御座います。

 

台湾で買い物をする時、例えコンビニでジュース1本だけ買おうが店員さんは必ずレシート(發票:ファーピャオ)を渡してきます。

 

こちらが商品を受け取って急いで店を出たとしても

「レシート忘れてるよ!!」

と大きな声で呼び止めてくれます。

 

日本の感覚だとありがた迷惑のような気もしますが、実はこれには訳があります。。。

 

なんと、台湾のレシートは宝くじになっているんです!!!!

 

こちらがその台湾のレシート。

20161028tw01_recipt

年月日の下にある「HW-・・・」が宝くじ番号となっています。

 

そして、政府が2か月に一度発表している当選番号と見比べて当選の有無をチェック!!

20161028tw02_number

出典:財政部稅務入口網

 

上から順に、

特別奨が1000万元(=約3200万円)、

特奨が200万元(=約640万円)、

頭奨が20万元、・・・と、以下続きます。

 

何故こんなことをするかというと・・・↓

 

そもそも、なぜレシートに宝くじが付いたのでしょうか。

その理由は、脱税を防ぐため。

台湾では、領収証やレシートを発行する習慣が普及していませんでした。

また売り上げを自主申告し営業税(日本の消費税)を納めるため、脱税が多くありました。

こういった環境を防止するために、政府は1951年から宝くじ付きレシートを実施しました。政府の発行する公のレシートに通し番号をつけ、店舗側がレシートを発行すると政府に販売金額の5%が税金として入ります。

レシートには宝くじを付け、消費者側にもレシートをもらうメリットをつくり、確実にレシートを発行させる仕組みを考えたのです。

出典:購買意欲が高まるレシート|高崎共同計算センター

 

ところで皆さん、気づきませんか?

ふふふ。 実はさっきのレシート当選してるんですよ!!

20161028tw03_recipt_number

 

なんと当選金額200元!!!(=約640円)

 

・・・。

 

私、台湾での生活をするなかで、この当たりを出すまではやめてたまるかと歯を食いしばり、雨の日も風の日もひたすらレシートを集めてまいりました。

 

その努力がやっと報われたのです。 200元ですが…。

 

当たりくじをどこで引き換えるかというと、町中の至る所にある郵便局(こちらでは郵局)で取り扱ってくれます。

 

肝心の引き換えは整理券を取り、換金の窓口を教えてもらい、窓口の人からレシートの裏に必要事項を書くことを教わり、何とか換金することができました。

20161028tw04_money

 

旅行者の方でも例外なく受け付けてくれるので、皆さま機会があった時に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

ただし、私はもう当たったのでレシート集めは辞めます(笑)

 

メインコンテンツここまで

台湾の水の都 “淡水”

 
2016年9月6日 カテゴリー:台湾, 観光

こんにちは、

クラウンライン台湾で御座います。

 

今回は久しぶりの休日を利用して水の都、

“台湾のベニス”とも呼ばれる「淡水」に行ってきました。

 

台北駅からMRTで約40分かけ終点の淡水へ。

淡水河を下りその向こう側にある、漁人碼頭という場所を目指します。

 

何やらそこの「情人橋」というのが漁人碼頭の観光スポットなんだとか。

 

※淡水駅から漁人碼頭に行くには、淡水河沿いにあるフェリーに乗るか、駅から「紅26」のバスに乗れます。

 

そして、いよいよ着きました!!

01_Joujinbasi

一見ただの橋に見えますが、この橋からの眺めが抜群なんです!!

 

02_Joujinbasi_2

ごちゃごちゃしているのが台湾の良い所ですが、こういう開けた場所はやっぱり気分が良くなりますね。

暑さ対策で午後遅くに行ったため、夕暮れがかってとても良い眺めでした。

 

そしてこの先の漁人碼頭へ。

03_gyojinfuto

家族連れ、カップル、友達同士、観光客など色んな人がいて賑やかでしたよ。

 

さあ目の保養をしたら次は、もちろん胃袋も満たしてあげましょう!!

04_food

上から順に

・魚丸湯…すり身団子入り。味はほぼお湯!でもこの薄さが台湾式

・魚酥羹…魚のせんべいに熱々あんかけ。これは美味しい!!火傷注意

・阿給…油揚げの中にビーフンを詰めたもの。淡水名物の1つ。

・肉圓…肉餡をふわふわの皮で包んだ物に甘タレがかかったもの。これも旨い!

 

どれも台湾で親しまれている食べ物で、お店や地域で若干異なったりするので色々試してみる価値ありです。

 

またこの日は週末だからか、そこかしこにストリートミュージシャンが歌を歌っていました。

 

時間がゆっくり流れるのを感じられて、とても良い所でした!!!!

 

漁人碼頭
住所:新北市淡水区沙崙里觀海路199号

※駐車場も併設しているので車でも行けます。

メインコンテンツここまで