ホーム > ブログTOP > 雍和宮

「 雍和宮 」

【北京より】 明けましておめでとうございます。

 
2018年1月4日 カテゴリー:北京

明けましておめでとうございます!

海外引越のクラウンライン北京です。

 

皆様、初詣は既に行かれましたでしょうか。

先日北京で行ってきましたのでご報告をさせて頂きますね。

 

北京でお参りと言えば、雍和宮!

 

ここは北京で最大かつ最も保存状態のいい寺院なのです!

 

しかも、日本のお寺とは異なり、チベット仏教の寺院で独特な雰囲気があります。

 

到着後先ずチケット購入です!

 

参拝料金は25元、日本円にして約450円前後です。

 

中へ入ると、人はまばらでした。

 

中国は主に旧正月(春節・・2018年は2月16日)を盛大にお祝いするので、さほど人ごみはありませんでしたが、それでも駐車場へ車を入れる際にはかなり待ちました。

 

旧正月の際には身動きが取れないほどの人が押し寄せるようです。

 

進んでいくと第一の仏閣に到着です。

 

真ん中の参拝客の足元にある台に皆さん膝を着き、お願いをしています。

私もしっかりお祈りをしてまいりました。

 

雍和宮は縦に長く、影壁、牌坊、山門、天王殿、正殿、永佑殿、法輪殿、万福閣などのいくつもの仏閣があります。

 

それそれの仏閣に仏像あり、ひとつひとつに意味があるみたいです。

 

皆さん、ひとつずつお線香をあげお祈りをしていました。

 

中でも見ごたえのあるものは一番奥の万福閣の「弥勒菩薩像」の木像です!!

 

この木像は高さが18メートルにもなり、地下8メートルをプラスして、全体で26メートルにもなります。

 

写真ではなかなか伝わりませんが、実物を見ると圧倒されます!!

 

とてもインパクトがあり、見上げすぎて首が痛くなりました。

 

皆様も北京へ訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。

 

また、新年になり海外赴任がお決まりの方もいらっしゃるかと存じます。

海外引越しのご要望はぜひともクラウンラインへお問い合わせください!

クラウンライン – 中国
http://cn.crownline.jp/

 

それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。

メインコンテンツここまで