ホーム > ブログTOP > 陶芸

「 陶芸 」

オリンピックの「5つの輪」の意味は?(東京五輪へ向けて)

 
2017年12月5日 カテゴリー:シンガポール, 文化・習慣

こんにちは。

海外引越しのクラウンライン シンガポールです!

 

突然ですが、オリンピックの「5つの輪」、その意味をご存知ですか?

 

この5つの輪は、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸の結合と連帯を表しています。

 

オリンピックが、世界中のアスリートが集まり、「平和の祭典」と呼ばれるのも納得ですね。

 

さて、今、シンガポールでは、この五輪の輪をコンセプトとした若手アーティストの展示会が開催されています。

 

イベント名は、

The Circles of Life 輪廻

– An exhibition by Takanao Todo and Justin Lee –

 

シンガポールと日本人の若手アーティスト2名がコラボレーションし、陶芸とデザインを融合させた作品を発表し、東京五輪へ向けた啓発をするものです。

 

場所は日本大使館すぐそば、4 NASSIM ROADにある「Japan Creative Center」です。

 

先日、オープニングセレモニーが開催されたので、足を運んでみました。

私自身、この建物は初めて訪問しました。

 

周囲を緑で囲まれた美しい伝統建築物は、木の香りの心地よい空間で、賑やかなオーチャードロードのすぐ脇にひっそりと佇んでいます。

 

2009年に開所されたこの施設は、シンガポールと日本の両国政府が協力して、文化を中心とした日本の「いま」を伝える新しいタイプの情報発信拠点として利用されています。

 

(左から)アーティストの藤堂さん、所長の杉田様、イベント企画のJSCOMPASS長村様、アーティストJUSTINさんによる記念撮影

 

オープニングイベントでは、杉田所長によるご挨拶に続き、2人アーティストによる説明などがあり、参加者はオードブルに舌鼓を打ちながら、和やかに交流を深めていました。

 

アーティストに創作のインスピレーションを聞けるとあって、皆さん興味津々にアーティストのお話に聞き入っていました。

 

この展示は、東京五輪へ向けた啓発イベントとして12月9日まで無料で開催され、一般の方も自由に訪れることができます。

都会の中にひっそりと佇む静かな空間で、アーティストの息吹を感じるこの展示会、買い物の合間などにぜひ足を運んでみてください。

 

The Circle of Life:
An exhibition by Takanao Todo and Justin Lee, 25 Nov – 9 Dec 2017 at Japan Creative Centre (JCC)
http://www.sg.emb-japan.go.jp/JCC/invite_circlesoflife_2017.html
メインコンテンツここまで

陶芸の村・バッチャンへ行ってきました!

 
2015年11月24日 カテゴリー:ベトナム, 観光

こんにちは!

クラウンライン ハノイです。

 

お休みを利用して、バッチャン(battrang)という陶芸の村に行ってきました。

 

ハノイからバッチャン村までは、タクシーで片道40分ほどの道のり。

バッチャン村は村人の大多数が陶芸関係の仕事をしている村です。

 

バッチャン村で作られている陶芸品はバッチャン焼きと言われており、近年人気が出ております。

 

小さな村ですが、通りは陶芸で溢れてかえっています。

 

151124vn01

バッチャン村の通りです。店の外にも所狭しと陶芸品が。

 

151124vn02

動物達がお出迎え!色鮮やかでかわいらしいです。

 

151124vn03

よく分からない陶器達もお出迎え。愉快です。

 

151124vn04

日本人の団体客もよく訪れるみたいで、日本語で看板を出しているお店も何件か見かけました。

 

151124vn05

かわいい食器を発見しました!手軽に食卓で使えそうです。

 

バッチャン焼きは日本でもおしゃれな食器屋さんや雑貨屋さんで購入可能です。

しかし、バッチャン村では日本で購入するよりかなり安く買えたりします(お店との交渉に寄ります)

 

ハノイまでお越しの際は、是非バッチャン村までお訪ねください。

 

ちなみに、バッチャン村でタクシーを捕まえることは難しいので、バッチャン村にタクシーで到着した際はドライバーにバッチャン村で待っていてもらうことをお勧めします!!

 

私はベトナム語は一切できませんが、ジェスチャーでどうにか理解してもらえました。

メインコンテンツここまで