ホーム > ブログTOP > 庶民

「 庶民 」

ヘルシーな台湾市民の味「滷味」

 
2017年11月20日 カテゴリー:台湾, 生活, 観光, 食事

こんにちは、海外引越しのクラウンライン台湾です。

 

 

今回は、台湾市民の味「滷味」(ルゥウェイLǔwèi)を紹介させて頂きます。

 

台湾名物の1つなので見たこと聞いたことがあるかもしれませんが、
「台湾版おでん」なんて言われることもあります。

 

さらに細かく言うと温かい状態の物と冷たい状態の物があり、
本日紹介するのは冷たい方です。※「小菜」なんて呼ばれ方をするときもあります

 

冷たい方の滷味(小菜)はよく麺屋さんや定食屋さんによくあります。

 

確かに↓こちらのお店も麺・丼物屋さんでした

黑殿飯店(ヘイディェン ファンディェン/hēi diàn fàn diàn)創始店
住所:新北市淡水區中正路一段62巷8号
営業時間:10:30~19:30”
(引用)「ちょっと台湾いってきます−台湾旅行ブログ−」
https://go-taiwan.jp/2016/06/tanshui-heidian/

↑こちらの素晴らしいブロガーさんの所の方が詳しく載っています!

 

それでこれが滷味(小菜)

色々な種類があるのですが、ここにあるのは

(↓煮卵から時計回りで)
・黃金溏心蛋 …日本でいう煮卵に近い
・猪頭皮   …豚の耳・ミミガーならぬ、、、頭だとなんでしょう?w
・豆皮捲   …台湾版「湯葉」。でも台湾ではそれを揚げたり、煮たり、焼いたりして愛されています。
・大腸頭   …ホルモンの刺身みたい。臭くなくて歯切れもよかった
・豆干    …豆腐を脱水させて固くした豆腐。歯ごたえが良く肉の代用にする人もいるとか。

 

その他にも昆布、豆腐、豚テール…など店舗ごとに種類が異なるので、入った店に思いがけずあると必ず注文するのが日課となっている。

 

本日のお店は麺と丼がメインのお店なので滷味(小菜)はサイドオーダーのような感じ。
メインが配膳されるまでのつなぎ、前菜のようなもの。

 

↓その他(排骨飯、鶏腿飯、炸醤麺・・・)

台湾料理は揚げ物、油炒め物が多いと思われがちですが、
こういうヘルシー志向の食べ物も沢山あります。

 

最近は肉が重く感じる年齢になってきたので、
こういった料理は本当に助かっております!!!

 

皆様も是非試してみてください。

 

メインコンテンツここまで

今日も元気にバイクでお出かけ!(私の面白ベトナム事情 #9)

 
2015年12月11日 カテゴリー:ベトナム, 生活

ベトナムでは、バイクが庶民の足です。

 

なんでもバイクで運ぶので驚く!

と、前のブログに書かせていただきました。

 

もちろん家族での移動もバイクとなります。

子供のいるご家庭は大変です。

 

ご覧ください。。

 

151211vn01

子供はぐずります。。。

151211vn02

危なっかしい・・・

 

151211vn03

子供は寝ます。ぐっすり・・・・

 

子供を運転手の前に乗せるのが一般的のようです。

 

でも、どうやって?

 

実は、普通の椅子を載せているだけなのです。

 

ほらっ・・・

乗っけてるだけ。。。。

151211vn04

置いてるだけ!

びっくり・・・・

 

151211vn05

前にあるクッションはうたた寝用だったのですね。

 

お父さんも頑張ります。

151211vn06

151211vn07

 

お母さん、ミニスカートでも頑張ります。

151211vn08

151211vn09

 

ご家族でお出かけ?

151211vn10

 

腰にベルト・・・  ちょっと安心!!!

151211vn11

151211vn12

 

とにかく、ベトナムの人はたくましいと思います。

見ているだけで元気が出てきます。

 

もし、悩んだり元気がなくなったら、是非ベトナムの人たちのたくましさを見に来てください。

 

きっと、元気になれます!!!!

 

メインコンテンツここまで

インドのランチ事情!

 
2015年9月18日 カテゴリー:インド, 食事

150918id01

こんにちは、クラウンライン・インドです。

 

今回は仕事の合間の楽しみ、昼ごはん事情について書いていきます。

※インド料理メインでのご紹介です。

 

インドといえども大きい都市では何でも食べることができます。

 

例えば日本食にしても日本人が経営や実際に作っている所もあり、

クオリティも日本で食べるのと遜色ありません。

 

しかし、やはりそういったところは値段が高く、

お財布にとても厳しいのです!

 

食べ続けているといくら赴任者の給料でも生活を圧迫してきます。

よって普段は会社から歩いていける範囲のローカルフードを食べます。

 

そんな中から今回2つ紹介します。

 

150918id02

<ターリー>

 

インドといえばカレーです。

ただ普通にカレーを頼むと1種類しか食べられない上に

1人だとちょっと量が多いので、

いろいろ食べられるターリーを選ぶことが多いです。

 

内容はカレー3種類とヨーグルト、ごはん、チャパティー(薄いナン)、

写真のもので100円ちょいです。ほんと安い!

 

150918id03

<ビリヤニ>

 

写真のような「壺で作るインドの炊き込みご飯」です。

スパイスとお米、鶏肉や野菜などが入っています。

 

地域や店でも味が違うものではあるのですが、

会社の近くにあるお店は結構あっさりした味で

日本人の私にはすごく合います。

 

インドに来てからこの店がすごく気に入ってしまい、

週1~2回食べちゃってます。

写真だとわかりづらいですが、これで500gあります。

(半分の250gも選べます)

 

ちなみにこちらは500gで150円ほどです。(250gは半額)

 

こういった安くて美味しい店を探すのが最近の楽しみだったりします。

 

他にも食べているものはいくつかあるので、そちらはまた今度ご紹介します。

(カレーについても次回以降で載せていきます・・・)

 

 

メインコンテンツここまで