ホーム > ブログTOP > 広州

「 広州 」

広州タワー(广州塔 / CANTON TOWER)に行ってきました!

 
2016年11月14日 カテゴリー:観光, 広州

こんにちは!

クラウンライン広州です。

 

広州の観光スポットとして外すことのできない

広州タワーからの夜景をご紹介いたします。

 

2010年に完成した広州タワーは街のシンボルとなり、観光スポットとしてにぎわっています。

 

タワーの英語名はCANTON TOWERといいますので、広東省を代表するタワーと言えるかもしれません。

 

全高600メートルあり、433メートルの展望台まで上ることができます。

 

20161114gz01

外に出ることのできる展望台は、観光客で埋め尽くされています。

タワーの淵を回る観覧車からの眺めは最高です。

 

 

20161114gz02

更に上の階の展望台からの眺めです。

天河区の見どころ大劇院、博物館、体育中心、中信ビルなど一望できます。

 

 

20161114gz03

広州タワーの目の前を流れる珠江には、ナイトクルーズの遊覧船や、七色にライトアップされた橋が見えます。

 

 

20161114gz04

ライトアップされた広州タワー(いろいろな色に変わります)

 

20161114gz05

河を挟んで向かい側の花城滙から見たところ。遠くからでもよく目立ちます。

 

タワーの中には、展望レストランや、展望台の上に設置されたフリーフォールのような絶叫アトラクションもあり、ただ上って眺めて終わりではない体験型のタワーです。

 

 

広州は、雨や靄が多い地域ですので、天気が良い日を狙ってぜひ上ってみてください。

 

以上、クラウンライン広州でした!

メインコンテンツここまで

スターウォーズ(星球大戦)がやって来た!

 
2016年1月15日 カテゴリー:生活, 広州

明けましておめでとうございます。

クラウンライン広州です!

 

新しい年となりましたが、中国では春節より年明けとなります。

 

ここ広州でも、新年の雰囲気はまだ感じられません(今年は、2月7日から春節休みとなります。)

 

そんな広州では今、スターウォーズの新作公開で盛り上がっています。

 

広州天河区最大のデパート「天河城」では、スターウォーズのブースが設けられ、その世界を体験したり、グッズが購入できたりします。

 

160115gz01

 

中国語で「星球大戦」と言います。

 

160115gz02

 

外には、実物大のタイファイターが!

 

160115gz03

 

模型の展示もしています。

 

160115gz04

 

ライトセーバーの体験もできます。

 

スターウォーズは中国でも大人気のようです。

 

映画は1月9日より公開が始まっております。

 

以上、クラウンライン広州でした。

メインコンテンツここまで

厦門(アモイ)より

 
2015年11月20日 カテゴリー:観光, 広州

こんにちは!

クラウンライン広州です。

 

先日、厦門のお引越しに行って参りました。

 

厦門市は、広州市のある広東省のお隣、

ウーロン茶で有名な福建省にあります。

 

亜熱帯気候で一年中温暖、

海に浮かぶアモイ半島の美しい街並みはリゾート地として有名です。

 

観光スポットは、

 

・「海上花園」と称されるコロンス島

・「中国一美しい大学」と呼ばれる厦門大学

・砂浜の美しい白城海水浴場

 

など、他にも見どころいっぱいです。

 

中国にお住まいの方、これからお引越しされる方は、

ぜひ一度ご旅行にいらっしゃってください!

 

151120gz01

南国ムードが漂います。

 

151120gz02

有名観光スポットのコロンス島には遊覧船で移動します。

 

151120gz03

海沿いの道をサイクリングしたら気持ち良さそうです。

 

以上、クラウンライン広州でした。

メインコンテンツここまで

初参加の2014広州マラソン!

 
2014年11月25日 カテゴリー:生活, 広州

こんにちは、クラウンライン広州です。

 

先日、11月23日に開催された

第三回広州マラソンに小生も参加してきました。

 

中国の他、約40ヶ国より外国籍ランナーが参加し、

2万人以上の市民ランナーが広州の街を駆け抜けました。

 

この日の広州は、朝曇っておりましたが

スタートした8時には晴天となりマラソン日和となりました。

 

ただし、気温が28度に達し、かなり暑かったです・・・

 

141126gz01

<選手たち(後ろは広州タワー)>

 

141126gz02

<スタート地点>

 

141126gz03

141126gz04

141126gz05

<仮装した選手や、所属会社の商品を宣伝したものまで>

 

奇抜な仮装をして走っている選手は大人気で、

スタート・ゴール前後に関わらず

走っている途中にも写真撮影をしており、和やかな雰囲気を感じました。

 

141126gz06

141126gz07

<マラソンゴール地点を上から>

 

スタート地点で他選手の話しを聞いていると、

広州市外から来ている選手も多く、来月は○○マラソン参加等と、

国内の遠方の都市や外国に行って走る選手も少なくないようです。

 

その都市を走る傍ら、

現地ならではの美味しい料理に舌鼓を打つようです。

 

選手の中には80歳代のランナー(!)もいたようで、

本当に感服しますね。

 

【欢蹦乱跳】

 

<Y.K>

メインコンテンツここまで

広州⇒香港の交通手段

 
2014年10月8日 カテゴリー:観光, 広州

こんにちは、クラウンライン広州です。

 

先日、久しぶりに香港へ行ってまいりました。

 

広州から香港へ行く場合、

直通列車か新幹線(和諧号)、またはバスとなり

多くは直通列車を選ぶことが多いので、ここで簡単に紹介します。

 

広州東駅に香港行き専用ホームがあります。

分かりやすく表示されているので見つけやすいと思います。

141008gz01

 

エスカレーターで上まで行きますと待合室があります。

ちょうどイミグレへ進む改札が行われているところです。

141008gz02

141008gz03

 

イミグレで出国スタンプを押された後、待合室がありここで待機します。

141008gz04

 

自分の切符を確かめ、切符が表示している号車と席へ。

141008gz05

 

列車の中は食堂車両やトイレも完備。

141008gz06

※列車の種類によっては1階・2階式もあります。

 

直通列車で、広州⇔香港への所要時間は約2時間(1時間58分)。

 

広州より和諧号で深センへ行き、イミグレを通過後、

列車(MTR)で直通列車の駅である紅磡(Hung Hom)へは、

直通列車と比較すると、約30分~40分ほど余計にかかってしまいます。

 

また、週末や長期休暇の時期はイミグレが混雑しますので、

直通列車をお勧めします。

 

しかし、この直通列車は

「事前に切符を購入しないと売り切れの場合が多い」

ので注意しましょう!

 

今回、香港⇒広州の直通列車は切符が無く、

香港⇒深セン⇒広州の経由を、身をもって体験した私がお伝えします。

 

【不虚此行】

 

<Y.K>

 

メインコンテンツここまで