ホーム > ブログTOP > 常夏

「 常夏 」

常夏のホーチミン!引越し作業前のひととき・・・

 
2016年12月19日 カテゴリー:ベトナム, 観光

海外引越しのクラウンラインベトナムです。

 

南北に細長いベトナム。

北に位置する首都ハノイは、冬があり、第二の都市であるホーチミンは一年中夏です。

 

同じ国なのに、冬にホーチミンからハノイへ行くとき、冬服や長袖をタンスの奥から引っ張り出さなければなりません。

 

そんな常夏のホーチミンから先日、日本人の方のお引越しでファンラン(Phan Rang)という所に行ってきました。

 

引越し作業の前日、昼頃ホーチミンを出発して、スタッフと一緒に車に揺られて約8時間。

 

途中、5~6時間走ったところに、Mui ne(ムイネー)という、左手に砂丘・右手に海岸という見事な景色が広がりました。

 

ついつい仕事に行く途中でしたが、ちょっとだけ観光をしてしまいました。

 

20161219vn01 20161219vn02 20161219vn03 20161219vn04 20161219vn05 20161219vn06

 

幸せな気分でさらに2~3時間車を走らせ、目的地のファンランへ。。。。

 

夜に到着。この日一泊しました。

 

さて、翌日仕事(引越し作業)開始まで少し時間があるので、弊社ベトナム人スタッフは喜び、宿泊したホテル前に広がる海に一目散・・・・・・

 

何故か水着持参・・・・・・・・・・

 

私は持って行かなかったので、カメラマンになり「ハイ・チーズ」

20161219vn07

 

お仕事終了後、スタッフと昼食をとり、ホーチミンにまた8時間揺られて帰りました。

 

ベトナムランチは美味~

20161219vn08

 

以上、お仕事の旅でした~。

メインコンテンツここまで

マレーシア女子の常夏対策

 
2014年6月18日 カテゴリー:マレーシア, 生活

皆様こんにちは。

クラウンラインマレーシアです。

 

日本では暑い日が続いているようですね。

常夏のマレーシアは1年中30℃前後なので、

日本の猛暑より過しやすいんですよ。

 

そんな常夏のマレーシアでの女性の敵といえば紫外線。

1年中日差しにさらされた肌は、日焼け止めを毎日塗っていても日に焼けてしまいます。

 

【オフィスの女子の対策をご紹介】

 

マレーシア暦1年の弊社Yちゃんの悩みは、

最近会う人みんなに『黒くなったね』といわれること。

 

日中の外出時は完全防備です。

140618my01

きのこちゃん帽子。またはメーテル?

 

中華系マレーシア人のCちゃんは、

2時間おきに日焼け止めと乾燥防止のクリーム。

 

マレーシア暦の長いSちゃんは、

シミ取りレーザーとシミ取りクリーム。

 

わたしは小麦肌派なので年中黒いですが、シミは怖いので

果物でビタミンを大量摂取。

 

140618my02

お皿いっぱいの南国フルーツは160円。

 

日本の方が日焼け止めや日焼け帽子グッズは豊富なので

マレーシアにお引越しの際にはお持ちになることをお勧めいたします。

 

虫除けグッズも同じ理由(+マレーシアのものは匂いがきついの)で、

持ってくると重宝するかも。

 

メインコンテンツここまで

ジャカルタのお正月

 
2014年1月7日 カテゴリー:インドネシア, 文化・習慣

新年明けましておめでとうございます。

クラウンライン ジャカルタです。

 

みなさま、お正月はどのようにお過ごしでしたでしょうか?

 

ご存知の通り、ここインドネシアはイスラム教の国。

イスラム教には、独自の暦があるため、

1月1日は単なる年の区切りでしかありません。

 

休日は1月1日のみで、常夏のジャカルタでは

日本のようにさむ~いお正月気分はなかなか味わえないところです。

 

とはいえ、ジャカルタの中心部の道路は12月31日夕方から歩行者天国になり、

あちらこちらで花火やら爆竹やらでお祭り騒ぎ状態です。

 

140107id01

140107id02

140107id03

140107id04

 

クラウンライン ジャカルタでは、

インドネシア駐在のみなさまの暮らしをサポートできるよう

精一杯対応させていただきます。

 

2014年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!

メインコンテンツここまで