ホーム > ブログTOP > フェリー

「 フェリー 」

ドンナイ省ボーカップバン観光区へ日帰りローカル旅行!

 
2017年12月22日 カテゴリー:ベトナム, 観光

こんにちは!

 

先日、息子夫婦とその友人が日本から遊びに来ました。

 

息子夫婦がベトナムへ遊びに来るのは2回目となり、今回のリクエストは

「日本人の行かないようなローカル感が味わえる場所に行きたい」との事。

 

思案の末、以前弊社で働いていたベトナム人の友人宅があるドンナイ省に日帰りで行くことにしました。

 

そこは、ボーカップバン観光区(Bò Cạp Vàng)というベトナム南部の伝統的な風景や文化などを体験できる観光スポットで、ホーチミン市から約20キロと近いため、週末になると学生など多くの客でにぎわいます。

 

東南部 ドンナイ省 ニョンチャック郡フオックカイン村にあるボーカップバン観光区
住所:Phước Khánh, Nhơn Trạch, Đồng Nai

 

息子夫婦+友人+我々夫婦、総勢6人の移動には、運転手付き 7人乗りのレンタカーを事前に予約しました。(1日VND 1,500,000)

 

土曜日 朝 9:00 出発~

家までレンタカーがお出迎え~

 

ホーチミン市のカトライ港(Cat Lai Port / 引越荷物がつく所)まで、自宅から30分ほどで到着。

 

ドンナイ省へは、スワイラップ川(Sông Soài Rạp)を渡ります。

 

カトライ港からフェリーに乗り込みます。

料金は、車:VND50,000・バイク:VND5,000 程度。

 

フェリーが動き出して約5分ほどでドンナイ省に到着~

 

友人(ベトナム人)に港まで迎えに来てもらいました。

 

そこから車で40分ぐらい南下して、ボーカップバン公園に到着~

入園には、大人一人 VND50,000 です。

 

 

童心に戻って大はしゃぎしてしまいました。

 

 

 

バギーも楽しい!

レーサー気分が味わえます。。。

 

思いっきり遊んだ後は、食事タイム。

園内にある店に注文して、川沿いのテーブルへ運んできてもらえます。

 

今回は、土曜日だったため、訪れる人が少なくゆっくり遊べました。

 

通常、日曜日・祝日は人が多いそうです。

1年ほど前の日曜日に遊びに行ったスタッフの写真がこれです!

 

午後から、ベトナム人の友人宅へお邪魔しました。

 

遊んだ後のビールは格別です。

 

そして、やっぱり日本人には一度も遭遇しませんでした。

ベトナム ローカル旅行を堪能して息子たちも大満足でした。

 


メインコンテンツここまで

台湾の水の都 “淡水”

 
2016年9月6日 カテゴリー:台湾, 観光

こんにちは、

クラウンライン台湾で御座います。

 

今回は久しぶりの休日を利用して水の都、

“台湾のベニス”とも呼ばれる「淡水」に行ってきました。

 

台北駅からMRTで約40分かけ終点の淡水へ。

淡水河を下りその向こう側にある、漁人碼頭という場所を目指します。

 

何やらそこの「情人橋」というのが漁人碼頭の観光スポットなんだとか。

 

※淡水駅から漁人碼頭に行くには、淡水河沿いにあるフェリーに乗るか、駅から「紅26」のバスに乗れます。

 

そして、いよいよ着きました!!

01_Joujinbasi

一見ただの橋に見えますが、この橋からの眺めが抜群なんです!!

 

02_Joujinbasi_2

ごちゃごちゃしているのが台湾の良い所ですが、こういう開けた場所はやっぱり気分が良くなりますね。

暑さ対策で午後遅くに行ったため、夕暮れがかってとても良い眺めでした。

 

そしてこの先の漁人碼頭へ。

03_gyojinfuto

家族連れ、カップル、友達同士、観光客など色んな人がいて賑やかでしたよ。

 

さあ目の保養をしたら次は、もちろん胃袋も満たしてあげましょう!!

04_food

上から順に

・魚丸湯…すり身団子入り。味はほぼお湯!でもこの薄さが台湾式

・魚酥羹…魚のせんべいに熱々あんかけ。これは美味しい!!火傷注意

・阿給…油揚げの中にビーフンを詰めたもの。淡水名物の1つ。

・肉圓…肉餡をふわふわの皮で包んだ物に甘タレがかかったもの。これも旨い!

 

どれも台湾で親しまれている食べ物で、お店や地域で若干異なったりするので色々試してみる価値ありです。

 

またこの日は週末だからか、そこかしこにストリートミュージシャンが歌を歌っていました。

 

時間がゆっくり流れるのを感じられて、とても良い所でした!!!!

 

漁人碼頭
住所:新北市淡水区沙崙里觀海路199号

※駐車場も併設しているので車でも行けます。

メインコンテンツここまで

パンコール島!会社の研修旅行へ行ってきました。

 
2016年6月16日 カテゴリー:マレーシア, 観光

こんにちは!

クラウンライン マレーシアです。

 

会社の研修旅行に社員みんなで行ってきました。

 

この研修は2年に一度マレーシア政府より推奨されているプログラムで、

「会社のチームワークを高める」ことが目的の研修です。

 

研修会場は、パンコール島という島。

会社からみんなでバスに乗り、港まで行きます。

 

マレーシアの高速道路はこんな感じです。

160616my01

 

途中で大きな川を渡りました。

バスに乗ること約3時間・・港に到着です。

 

そこから船に乗って約30分、目的地のパンコール島に到着です!

160616my02

 

結構な長旅でした。

 

まずはホテルでお昼ごはんを食べて、トレーニングの開始です!!

会社のスローガンを作ったり、会社の歌を作ったり、チームワーク作業が続きます。

160616my03

 

司会者の男性。

160616my04

 

1日目のトレーニング完了後は、みんなで島を散歩したり・・

160616my05

 

プールで遊んだり。

ちなみに筋肉質な男性群は弊社の作業員です!

160616my06

 

2日目も朝からトレーニングです。

生卵を落とさないように目的地までみんなで共同で運びます。

160616my07

 

最後にトレーニングの感想を言い合ってトレーニングは完了です。

また、行きと同じ道のりで会社まで戻りました。

 

トレーニングで身に着けたチームワークを活かして、スタッフ全員で、

お客様によりご満足いただけるサービスを提供させていただきます。

 

今後とも、クラウンライン マレーシアをよろしくお願い致します。

 

160616my08

メインコンテンツここまで

週末を利用してリペ島に行ってきました!(Koh Lipe)

 
2016年3月1日 カテゴリー:マレーシア, 観光

こんにちは!

クラウンライン マレーシアです。

 

週末を利用して、タイのリペ島に行ってきました!

正式名は「Koh Lipe」といいます。

 

金曜日の夜、仕事終了後すぐにオフィスを出て、KLIA2(飛行場)から飛行機に乗ること約1時間。

ランカウイ島というマレーシアの北西部に位置する島に到着しました。

 

その夜はランカウイ島で一泊しました。

※ランカウイ島もマレーシアでは有名なリゾート地です。

 

次の日の朝、フェリー乗り場に行き、あらかじめネットで予約しておいたフェリーに乗ること約1時間30分ほどで、タイのリペ島に到着しました。

 

いかがでしょう、このビーチ!

 

160301my02

160301my01

 

どこを撮っても絵になります。

 

島ではシュノーケリング、スキューバダイビングなどもできます。

 

小さな島なのでメインストリートは1本のみです。

 

160301my03

 

メインストリートにはレストランやおしゃれなバー、お土産屋さん、両替屋さん、なんでも揃っています。

 

ビーチから見る夕日はとってもきれいでした。

 

160301my04

 

そして、夜ごはんはシーフードのBBQ!

 

160301my05

 

ごはんも美味しいです。

 

レストランもタイ料理屋さん、シーフード料理さん、イタリア料理さん、色々あるのでご心配せず。

※ただし日本食屋さんはありません。

 

島には一泊しかできませんでしたが、リラックスできました。

 

帰りのフェリー乗り場の待合所にて、猫がすやすや寝ていました。

 

160301my06

 

クアラルンプールにお住まいの方!

週末を利用して是非リペ島に行ってみませんか?

 

金曜日の夜にクアラルンプールを出発し、日曜日の夜にクアラルンプールに戻ってこられます。

 

あくまでリペ島はタイになるので、パスポートを持参してくださいね。

 

ランカウイ島からリペ島までのフェリーは予約をしなくても席が空いていれば乗れますが、ネットで簡単に予約できるので事前に予約することをお勧めします。

メインコンテンツここまで

フェリーでちょっとした旅行気分!

 
2016年1月5日 カテゴリー:マレーシア, 生活

160105my05

皆さんこんにちは。

クラウンライン マレーシア ペナン支店です。

 

先日、ペナン大橋が一時的にクローズをしておりましたので、本土のマレー半島バタワース側へフェリーで渡りました。

 

前日から、ペナン大橋がクローズということは知っておりましたので、随分朝早く自宅を出発したのですが、既に渋滞。

 

フェリーターミナルで待つこと、45分。

ようやく、フェリーに乗船できました・・。

 

160105my01

 

160105my04

 

車両での乗船者は降りる必要はなく、車両に乗船したままで出航となります。

 

船が動き出したので、朝の涼しい海風にあたりに外へ。

 

フェリーの中はこんな感じです。

 

160105my02

 

料金は、ペナンからの乗船料は「無料」で、所要時間15分程。

ペナン島に帰るときのみ、車1台RM7.70 掛かります。

 

いつもはペナン大橋を渡り、マレー本土側へ移動しますが、フェリーもちょっとした旅行気分が味わえて楽しめますよ。

 

160105my03

メインコンテンツここまで