ホーム > ブログTOP > ハノイ

「 ハノイ 」

【詳細レポート】 ハノイの日本人向けホテル Grandiose Hotel & Spa

 
2017年12月18日 カテゴリー:ベトナム, 生活, 観光

こんにちは!

海外引越のクラウンライン ベトナム ハノイです。

 

オフィスの近くに新しく日本人向けのホテルができたので少し取材をしてきました。

 

大通りに面していて近くに大きなショッピングセンタービルもあり、ロケーションは問題なしです。

 

日本大使館から350mの所にあるので、赴任後に家を決めるまでの一時滞在にも良いかもしれません。

 

早速入ってみると、やはりできたばかりとあって綺麗です。

 

調理場はオープンキッチンとなっていて、調理の様子を見ることができるので安心できます。

 

肝心のお部屋はというと、各アメニティグッズや冷蔵庫もあるし、トイレは日本と同じウォシュレットタイプ。

 

読書灯は好きな角度に調節できます。

 

ベットの横に気になるボタンがありました。

 

一目瞭然ですが don’t disturbmake up the room のボタン。

 

わざわざ部屋の外までかけに行かなくても、寝たままで操作できるのでいいですね。

 

この日はプレオープン初日でしたが、早速日本人のお客さんが何組か訪れていました。

 

ハノイの日本人向けサービスは、これからも増々多くなりそうです。

GRANDIOSE HOTEL & SPA
http://www.grandiosehotels.com/

 

メインコンテンツここまで

幸せのおすそ分け

 
2017年12月12日 カテゴリー:ベトナム, 生活

海外引越しのクラウンライン

 

毎朝、ホーチミン日本人学校に行く子供のために5時前に起きて弁当作りをしています。

 

朝早く起きるのはつらいけど、きれいな朝日がほぼ毎日見れるので幸せな気持ちになります。

 

今日も一日を大切に頑張ろうという気持ちになれます。

 

そんな幸せのおすそ分け。

 

午前5時頃、「うっすらと光が・・・」

朝日です!! 元気をもらえます

 

さ~~

今日も一日がんばりましょう!

 

ここ、ベトナム ホーチミン市(旧サイゴン)は、熱帯気候で平均湿度は75%(日本の夏の湿度とほぼ一緒)。

 

1年の2つの季節(雨季・乾季)に分かれます。

 

 雨季(5月~11月下旬)

 乾季(12月~4月)平均気温 28度

 

ベトナムの首都 ハノイから1,760㎞南に位置します。

【北海道から鹿児島(1,888㎞)とほぼ同じ】

 

ホーチミン市の面積は2,095㎦ 東京都(2,191㎦)とほぼ同じ

 

人口は15歳までは24%

 

15~49歳と働き盛りは58%

 

50歳以上は18%

 

 

若い人が多いと街は元気です。

そんな中にいると自然と元気になれるような気がします。

メインコンテンツここまで

ベトナム人の特徴といえば・・人懐っこさ!

 
2017年10月20日 カテゴリー:ベトナム, 文化・習慣

こんにちは!海外引越のクラウンライン、ベトナム ハノイです。

 

ベトナム人の特徴といえば必ず挙げられるのが・・人懐っこさ

 

初対面で年齢や結婚してるかどうか、給料の額などプライベートな事をいきなり聞かれます。

 

そして、すぐに家に招かれます。

 

私は数カ月前にBắc Giang省のHiệp hòa地区出身の人たちと知り合ってからというもの、ほぼ毎週末彼らの故郷に招かれる日々が続いています。

 

Hiệp hòaまではハノイから60㎞程で、バスだと約2時間片道5万ドン(約250円)で行けます。

 

ライチが特産ののどかなところで、整備されていないところも多く、そこら中で家畜が道を歩いています。

 

ハノイで働いているベトナム人も毎週末自分の故郷に帰るという人が多いです。

そのため、週末はどこの家も家族みんなで食事をします。

 

写真のように、床に敷いたゴザの上にお盆ごと乗せた料理をみんなで囲みます。

 

この日は少しお祝い事があり、友人の家でパーティーが催されました。

田舎ではお祝い事の際に飼っている家畜を絞めたりします。

 

ひとたびパーティーとなると机やいすの準備、料理の準備など結構大変です。

 

しかし、ベトナムの田舎では働くのはいつも女性ばかり。

 

男性は食事の準備ができるまでみんなでお茶を飲み、たばこを吸い、料理ができると男性年長者組から先に食べ、お酒を飲みます。

 

女性はほとんどお酒は飲みません。

 

食べ終わったら片づけは全て女性が行い、男性陣はお茶を飲んで休んだり、横になって寝たりします。

 

男性は楽ばかりでいいのですが、食事中に乾杯が続くのがつらいところです。

 

パーティーの時はみんなが席をまわって自己紹介の後、乾杯して握手をするというのが続きます。

 

食事はお箸だけだと食べづらいおかずが多いことと、みんな親切心から素手で取り分けてくれることも多いことから、高確率で翌日お腹を壊してしまいます。

 

みんな食事の前には石鹸で手を洗ってほしいな~と思いながら、今週末もBắc Giangへ行ってきます。

メインコンテンツここまで

ベトナムでの生活費、実際のところは?

 
2017年9月7日 カテゴリー:ベトナム, 生活

こんにちは!

海外引越のクラウンライン、ベトナムハノイです。

 

ベトナムでの生活費は日本の1/3

 

と、良く言われます。

 

しかし、輸入製品の他にも電化製品、日本食、外国人向けサービスなどは日本より高かったりすることも多いです。

 

実際の所はどうなのでしょうか?いくつか見てみたいと思います。

 

まずは、衣料品

ローカルのお店でもそれなりに綺麗に飾ってあるところだと長袖シャツ一着で1,500円程度、ズボン2,500円程度といったところです。

 

しかし、路上販売やドアの無い少し古びた建物に所狭しと陳列してある服などは、その半分以下の値段で買うことができます。

 

こういった店でもデザインは豊富なのですが、すぐに糸がほどけてきちゃったりするので、要注意です。

 

ハノイ市内のXã Đànという通りには、このようなお店が連なっていてシャツ250円~で購入できます。

 

この日はシャツとズボンを購入し、合わせて1,700円程度でした。

 

ハノイではよく同じ品目の品を売っている店が連なっているので、買う前に一旦何件かのお店で品定めと値段の確認を行うと良いと思います。

 

違うデザインの物でも他の店が低い値段だったことを伝えると、その価格に合わせてくれることも度々あります。

 

つぎに、食料品です。

市場で買うのが一番安そうですが、案外スーパーで買った方が安いものが多い気がします。

 

特に安さが売りのBig Cで買うとかなりお得です。

 

この日は食パン600g、ジュース2本、水1.5ℓ2本、トマト、小松菜、鶏肉、ジャム、お菓子に加えサンダル、ズボン、電池も買って1,300円くらいでした

 

Big C、かなり助かります。

 

住居に関しては、安いところだと、ひと月あたり約1万円以下でもあります。

 

しかし、日本人が我慢できるレベルの所となると3万円以上のように思います。

 

私は半年ほど前に格安の物件に引っ越しましたが、水の出が悪かったり、騒音がうるさかったり、虫がよく出るといったマイナス要素が増えてしまい・・。

 

最初に良くチェックしなかったことを後悔しました。

 

後悔しているといえば、一番はこちらのバイク。

 

Hondaのお店で聞いた値段より安かったのでローカルのお店で買ったカブですが、チェックに出しても異常が無いのに度々エンジンがとまるので調べてみると、実は偽物だったようです。

 

確かに元の車体のどこにもHondaの記載はありません。

 

ハノイには安いものが多いですが、その分品質も悪いものが多いので注意しないといけませんね。

メインコンテンツここまで

フォーや生春巻き以外にもたくさんあります!美味しいベトナム料理をご紹介。

 
2017年5月16日 カテゴリー:ベトナム, 食事

こんにちは!

海外引越のクラウンライン、ベトナム ハノイです。

 

ベトナム料理と聞いて思いつくのはフォーと生春巻きくらいかもしれません。

しかし、実際には一般的なベトナム料理はまだまだあります。

 

今回はその中から何品かご紹介させていただきたいと思います。

 

まずはバインザンという具の入った丸いお餅を揚げたものと、バインゴイという揚げ餃子のような料理です。

 

写真のお店は大教会のすぐ近くにあり、観光客がいつも訪れています。

 

2人で各2個ずつ食べて9万ドンだったので、恐らく1個1万ドン(約50円)くらいかと思います。

 

住所:52 Lý Quốc Sư

 

あまり頻繁に食べられているわけではないのに、これぞハノイの代表料理と言われているのが下の写真のブンタンという料理です。

 

具だくさんで椎茸の味が染みていてあっさりおいしく食べられます。

住所:40, Cầu Gỗ

 

こちらはNộm Thịt Bò Khôというパパイヤのサラダにビーフジャーキーがのったものです。

 

甘い汁にナッツの触感が加わって個人的にはとても好きな料理です。

 

お店自体は中心地にあるためいつも観光客でいっぱいです。

住所:23, Hồ Hoàn Kiếm

 

ハノイの東に120㎞程行くとハイフォンという港町があります。

この町の名物、バインダークアもハノイでよく食べることができます。

 

茶色くて平べったい米粉の麺を蟹からとったスープといただきます。

 

この店では野菜を入れた後に麺とスープを入れるので、器の底に大量の野菜が隠れています。

 

麺と野菜をひっくり返してから食べるのが通なようです。

住所:Trúc Bạch, Ba Đinh

 

ハノイでは日本人に負けず劣らず韓国人が多く生活しています。

ベトナムの皆さんは韓国に対しても友好的で韓国料理を食べに行くこともあります。

 

こちらのお店は美味しい韓国冷麺が手軽な値段で食べられます。

 

もちもちした太麺と春雨みたいなあっさりした細麺がありどちらも美味でした。

住所:5, ngỡ 189 Nguyễn Băn Cừ

 

色々あって紹介しきれませんが、長くなってしまうので最後に、私がハノイで一番よく食べるブンダウを紹介させてもらって終わりにします。

 

マムトムというつけ汁の匂いがきつく初めは衝撃でしたが、付属のquấtという酢橘か金柑のような果物の汁を絞るとマイルドになります。

 

私にとってはなかなか癖になる味で、週6回食べていた時期もあるほどです。

 

写真のお店は、砂糖を入れた甘いマムトムが魅力です。

 

これに酸っぱいquấtと辛い唐辛子を加えて食べます。

住所:110, Phan Kế Bính

 

ハノイにもいろんな食べ物があります。

色々挑戦してみると、新たな自分の好みが発見できるかもしれません。

 

メインコンテンツここまで