ホーム > ブログTOP > オレンジバジャイ

「 オレンジバジャイ 」

難易度高し!!料金を事前交渉で決める乗り物!

 
2015年11月6日 カテゴリー:インドネシア, 生活

都市の急速な発展に比べて、交通網の整備が遅れているジャカルタ。

 

移動手段といえば、もっぱら道路上を走る自動車かバイクです。

 

今回は、実際に利用するには少々難易度高めの

 

「料金は事前交渉が必要、

 だけどうまく使えばジャカルタ市内をもっと快適に移動が可能?!」

 

そんな乗り物をいくつかご紹介させて頂きます。

 

(1)バジャイ(Bajaj)「三輪タクシー」

 

バジャイには色分けされた二種類があります。

151106id01

<青バジャイ>

 

 

151106id02

<オレンジバジャイ>

 

青は新型で、オレンジに比べて車体も新しく、排気ガスの量も見るからに違います。乗るなら、青タイプがおすすめです。

 

そして、料金交渉は必ず乗車前にしましょう!

 

私の経験上、日本人のような外国人がこういった交渉をすると、ほぼ百発百中、一番最初に言われる金額がやたらと高いです。

 

初めてバジャイに乗る際は、そんな運転手の言い値に全て従うことはないですが、最初からあまり値切りすぎるのもよくないかもしれません。

 

こちらも、距離に対しての妥当な金額が分からないうちは、勉強する心構えで、我慢です。

 

2回、3回乗れば、もうだいたい平均値で妥当だと思える金額が分かってくるかと思いますので、こちらも金額をズバッと言えるようになり、交渉がずいぶん楽になるかと思います。

 

私自身も、乗車してから10分ぐらいの距離を日々移動することがあり、たくさんのバジャイにRp.10,000でと交渉してみましたが、どこも引き受けず。

 

自分の経験を持って、最低料金がRp.15,000なんだということを知りました。

 

そうなると、タクシーの方が安いんじゃないかって?

 

そうです。

 

実際、ブルーバードタクシーの初乗りはRp.7,500ですから、うまくいけばタクシーのほうが安い場合も。

 

ですが、こちらも私の経験ですが、タクシーは近距離を嫌う傾向があります。

 

あまりにも近距離で下車すると、「メーターの料金+いくらかのチップ」を支払わなければならず、結果同じかそれより高くなることも。

 

それに、タクシーは細い路地などにまで入っていけない事がありますが、バジャイですと小ぶりの車体が、細い道も楽々と通ることができ、目的地の目の前まで送り届けてもらえるという利点もあります。

 

(2)オジェック(Ojek)「バイクタクシー」

151106id03

こちらも乗車前の交渉が必須です。

 

バイクですので、長距離には向いていませんが、車ほどは渋滞に巻き込まれないので、車よりも短時間で目的地まで到着することができます。

 

こちらも私、バジャイ同様多くのオジェックに交渉してみましたが、最低料金Rp.15,000が現在の流れのようです。

 

もちろん距離が長くなればなるほど、料金も比例していきますよ。

 

ちなみに、このオジェックに乗る際ですが、バイクですので公道では乗客もヘルメットの着用が義務付けられています。

 

そして、こちらも百発百中の確率で、オジェックが乗客に貸してくれるヘルメットが汚い・臭いです。

 

一番最初、私も一人で乗った時は、このシステムが分からず、渡されるままにヘルメットを着用。

 

その後、二日間ほど、頭が痒くなった経験があります・・。

 

このヘルメット問題に、現地のインドネシア人もさすがに頭を悩ませているようで、よく見かける対処法は、大きな一枚の布を持ち歩いておき、いざオジェックに乗る場合は、布を一枚間にかぶってから、ヘルメットをつける。

 

最終的には、自分専用のヘルメットを買い、持ち歩く(笑)

 

バイクは持っていないのに、ヘルメットだけ持ってるって、おかしな話ですが。

 

本当にオジェックを使用する頻度が多い方には、この選択も十分ありだと思うのです。

 

そうそう、このオジェックについて最近急速にはやり始めたこちらも。

 

(3)ゴジェック(Gojek)

151106id04

この緑ジャンバーを着たバイク乗りを、現在ジャカルタでは非常によく見かけます。

 

今年になって数が増えに増え、今では庶民の移動手段の代表的な一つにまで。

 

オジェックとは何が違うかって?

 

もともと仕事内容は同じですが、簡単に言うと、オジェックは運転手の自営、ゴジェックは会社運営となります。

 

乗客はわざわざ面倒な交渉をする必要がなく、スマホ上の専用アプリで目的地を設定。

 

事前に見積もり金額が出るので、その金額で納得すれば、オーダーして、現在のいる場所までゴジェックに登録されたバイクが迎えにきてくれます。

 

運転手の名前、顔写真も送られてくるので、出会うのも簡単。

 

そして、すでにアプリ上で料金は決められているので、それ以上を支払う必要はありません。

 

乗客には、マスクとシャワーキャップが無料サービスで渡され、あのオジェックの汚いヘルメット問題を軽減してくれる対策も講じられています。

 

いかがでしょうか?

 

交渉が必須だったオジェックにも時代の流れにより、アプリ上で交渉が不要になる時代が。

メインコンテンツここまで