ホーム > ブログTOP > 観光

「 観光 」

ヘルシーな台湾市民の味「滷味」

 
2017年11月20日 カテゴリー:台湾, 生活, 観光, 食事

こんにちは、海外引越しのクラウンライン台湾です。

 

 

今回は、台湾市民の味「滷味」(ルゥウェイLǔwèi)を紹介させて頂きます。

 

台湾名物の1つなので見たこと聞いたことがあるかもしれませんが、
「台湾版おでん」なんて言われることもあります。

 

さらに細かく言うと温かい状態の物と冷たい状態の物があり、
本日紹介するのは冷たい方です。※「小菜」なんて呼ばれ方をするときもあります

 

冷たい方の滷味(小菜)はよく麺屋さんや定食屋さんによくあります。

 

確かに↓こちらのお店も麺・丼物屋さんでした

黑殿飯店(ヘイディェン ファンディェン/hēi diàn fàn diàn)創始店
住所:新北市淡水區中正路一段62巷8号
営業時間:10:30~19:30”
(引用)「ちょっと台湾いってきます−台湾旅行ブログ−」
https://go-taiwan.jp/2016/06/tanshui-heidian/

↑こちらの素晴らしいブロガーさんの所の方が詳しく載っています!

 

それでこれが滷味(小菜)

色々な種類があるのですが、ここにあるのは

(↓煮卵から時計回りで)
・黃金溏心蛋 …日本でいう煮卵に近い
・猪頭皮   …豚の耳・ミミガーならぬ、、、頭だとなんでしょう?w
・豆皮捲   …台湾版「湯葉」。でも台湾ではそれを揚げたり、煮たり、焼いたりして愛されています。
・大腸頭   …ホルモンの刺身みたい。臭くなくて歯切れもよかった
・豆干    …豆腐を脱水させて固くした豆腐。歯ごたえが良く肉の代用にする人もいるとか。

 

その他にも昆布、豆腐、豚テール…など店舗ごとに種類が異なるので、入った店に思いがけずあると必ず注文するのが日課となっている。

 

本日のお店は麺と丼がメインのお店なので滷味(小菜)はサイドオーダーのような感じ。
メインが配膳されるまでのつなぎ、前菜のようなもの。

 

↓その他(排骨飯、鶏腿飯、炸醤麺・・・)

台湾料理は揚げ物、油炒め物が多いと思われがちですが、
こういうヘルシー志向の食べ物も沢山あります。

 

最近は肉が重く感じる年齢になってきたので、
こういった料理は本当に助かっております!!!

 

皆様も是非試してみてください。

 

メインコンテンツここまで

台湾の水の都 “淡水”

 
2016年9月6日 カテゴリー:台湾, 観光

こんにちは、

クラウンライン台湾で御座います。

 

今回は久しぶりの休日を利用して水の都、

“台湾のベニス”とも呼ばれる「淡水」に行ってきました。

 

台北駅からMRTで約40分かけ終点の淡水へ。

淡水河を下りその向こう側にある、漁人碼頭という場所を目指します。

 

何やらそこの「情人橋」というのが漁人碼頭の観光スポットなんだとか。

 

※淡水駅から漁人碼頭に行くには、淡水河沿いにあるフェリーに乗るか、駅から「紅26」のバスに乗れます。

 

そして、いよいよ着きました!!

01_Joujinbasi

一見ただの橋に見えますが、この橋からの眺めが抜群なんです!!

 

02_Joujinbasi_2

ごちゃごちゃしているのが台湾の良い所ですが、こういう開けた場所はやっぱり気分が良くなりますね。

暑さ対策で午後遅くに行ったため、夕暮れがかってとても良い眺めでした。

 

そしてこの先の漁人碼頭へ。

03_gyojinfuto

家族連れ、カップル、友達同士、観光客など色んな人がいて賑やかでしたよ。

 

さあ目の保養をしたら次は、もちろん胃袋も満たしてあげましょう!!

04_food

上から順に

・魚丸湯…すり身団子入り。味はほぼお湯!でもこの薄さが台湾式

・魚酥羹…魚のせんべいに熱々あんかけ。これは美味しい!!火傷注意

・阿給…油揚げの中にビーフンを詰めたもの。淡水名物の1つ。

・肉圓…肉餡をふわふわの皮で包んだ物に甘タレがかかったもの。これも旨い!

 

どれも台湾で親しまれている食べ物で、お店や地域で若干異なったりするので色々試してみる価値ありです。

 

またこの日は週末だからか、そこかしこにストリートミュージシャンが歌を歌っていました。

 

時間がゆっくり流れるのを感じられて、とても良い所でした!!!!

 

漁人碼頭
住所:新北市淡水区沙崙里觀海路199号

※駐車場も併設しているので車でも行けます。

メインコンテンツここまで

台湾の玄関口・基隆港

 
2016年4月13日 カテゴリー:台湾, 観光

こんにちは、

クラウンライン台湾で御座います。

 

台湾では長く続いた雨続きの天気もようやく終わりを迎え、初夏の兆しが見え始めました(まあまた5、6月に梅雨がやってきますが…)。

 

さて先日の4月4日、5日は台湾では数少ない祝日で、週末も合わせると4連休というちょっとした大型連休でした。

 

ということで私は休みの期間を利用して、台湾の港町・基隆(Keelung)へ行かせて頂きました。

 

基隆は「雨の都」とも呼ばれるほど雨が多い街で(あの台北より!)、日本統治時代には台湾最大の港にまで発展した台湾を代表する国際港です(現在では貨物量1位は高雄、2位が基隆)。

 

実際我々が取り扱うお客様の引越し荷物の多くもココ基隆港に入港し、通関・引き取り・配達という流れで常々利用させて頂く顔なじみの港です。

 

そんな「雨の都」ですが、台北駅から電車に揺られ小1時間。

私が行った時はもちろん…

 

……

 

この通りです!!

 

160413tw01

160413tw02

 

…なんともはっきりしない微妙な天気ですが、基隆にとっては貴重なお出かけデイです!(その証拠に観光客がものすごく多かったです)

 

港近くのお祭り?をチラ見しながら

160413tw03

 

奇妙な石の形を見に行き(和平島にある浸食によって出来た石だそうです)

160413tw04

 

小雨が小気味よい温泉で疲れを癒し(雨のせいか、また北投より温泉が有名でないせいか、人があまりおらずとても静かで贅沢でした)…

160413tw05

 

夜は、基隆廟口夜市で腹を満たしました(台北の夜市より食事スペースや日本語の看板などのサービスが丁寧で嬉しかったです)

160413tw06

 

さあ、4月は引越しシーズンピークの後半戦。

新たにスタッフも1名増えたことですし、益々の発展・成長を遂げられるよう堅忍不抜の精神で精進いたします!(相撲取りか…)

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

【基隆廟口夜市へのアクセス】
http://www.tabitabi-taipei.com/youyou/201306/access.php

 

【和平島海濱地質公園】
http://www.tabitabi-taipei.com/youyou/200411/wahei/index.html

 

【潮境風呂温泉会館】
住所:基隆市中正區新豊街162巷307號
受付:10:00~22:00
料金:
<大浴場> 350TWD(平日)/450TWD(土日祝)
<個 室> 1,300TWD(平日)/ 1,600TWD(土日祝)
<大個室> 1,600TWD(平日)/ 1,900TWD(土日祝)

メインコンテンツここまで