ホーム > ブログTOP > 現場レポート

「 現場レポート 」

クラウンライン台湾の現場リポート(2)

 
2016年12月28日 カテゴリー:台湾, 現場レポート

こんにちは、海外引越しのクラウンライン台湾で御座います。

 

今回は台北から車で1時間半ほど離れた、

新竹市でのお引越し現場をレポートさせて頂きます。

 

新竹市は、「台湾のシリコンバレー」と呼ばれるほど

半導体関連の会社やその他メーカー等の台湾系、

外資系の会社が多く進出している地域で御座います。

 

また高層マンションも多く建てられており、

海外からの駐在員の方々で多くの人が新竹市に住まわれております。

pics_1_1

pics_1_2

 

弊社のお引越しサービスは、日本人が全ての業務にアテンドをし、

お客様の言葉の面での不安が無くなるだけでなく、

その他実際の梱包に関しましても大型の家具から、

キッチン用品等の割れ物等、小物まで一つ一つ大切に梱包をしております。

 

下はベットを解体している様子。ネジ等も種類ごとに分け丁寧に梱包します。
pics_3

 

また急なお引越しの場合でもご安心ください。弊社のお引越しサービスは、

梱包スタッフが全てのお荷物を大切に梱包させて頂きますので、

お客様には、荷物の仕分け・梱包の指示を頂くのみで御座います。

 

さて梱包が終了しましたら効率的に木箱、コンテナへの積み込みを致します。
pics_4_1
軽い物は上、重い物は下、なるべくコンパクトに、

かつ荷物が崩れないように……etc。

箱詰め担当のスタッフが慣れた手つきで隙間なく入れていきます。

 

「海外での引越し現場って、言葉の面は大丈夫だろうか?」

「ローカルの作業員の梱包ってどのように行うか不安…」

という方もいるかとと思います

 

しかし!! 弊社の引越しでは上記の様な不安はご無用で御座います。

 

今後も海外引越しの現場の様子をブログ等、様々な方法でお伝えしながら、

お客様の声にしっかりとお応えすべく社員一同全力で取り組んで参ります!

台湾からのお引越し、台湾へのお引越し、台湾でのお引越しは

是非ともクラウンライン台湾をご利用下さいませ!

メインコンテンツここまで

クラウンライン台湾の現場レポート!

 
2016年8月23日 カテゴリー:台湾, 現場レポート

クラウンライン台湾で御座います。

 

今回は「お客様の大切なお引越しのお荷物が台湾でどのようにお客様の元に届くのか」という、いわばお引越しのメインのひとつともいえる現場をお伝え致します。

 

今回は、台北市内のマンションへお引越しをされて来られましたお客様へのご配達をモデルとさせて頂きます。

 

先ず、お荷物がお客様のマンションの駐車場へ到着致しました。

20160823tw01

 

トラックから積み下ろしをする際、荷物の取り扱いには細心の注意を払い、必ず複数人体制で作業を行います。

 

弊社のスタッフには経験豊富な者が多く在籍しており、お客様に安心していただけるご配達をコーディネートさせて頂きます。

 

トラックからの積み下ろしが終了しましたら、いよいよお客様のお部屋へ搬入開始です。

20160823tw02

 

この日はお子様のイスの組み立てを行いました。

 

お引越しに関するお客様のご負担を少しでも軽減させて頂く、その努力を弊社は決して惜しみません。

 

家具、その他お客様が「大変」だと感じてしまう開梱作業等、お客様のご要望に弊社は社内一丸となって応えさせて頂きます。

 

お引越しは、現場で梱包、開梱等を行ってくれるスタッフ、そして何よりお客様にとって決して楽なものでは無く、とても大変な現場であるかもしれません。

 

しかし、弊社のお引越しでは、現場スタッフと一体となり、お客様に安心して頂けるよう、日々楽しく作業を行っております。

20160823tw03

 

8月も中旬~下旬となり、ご帰任の方、またはそれに伴います台湾国内でのお引越しも増えている状況で御座います。

 

お引越しのご予定が御座いましたら、是非ともクラウンライン台湾へご連絡下さいませ!

日本人スタッフが全ての窓口となり、お客様のベストなお引越しを必ずやコーディネートさせて頂きます!

 

ご連絡、お待ちしております!

CROWN LINE TAIWAN(日本人スタッフ)

1)加川 隆一 (RYUICHI KAGAWA)
Mobile:+886(0)903-060-247

2)岡和田 奉紀 (TOMOKI OKAWADA)
Mobile:+886(0)968-001-503

3)冨田 剛平 (GOHEI TOMITA)
Mobile:+886(0)903-837-373

 

メインコンテンツここまで