ホーム > ブログTOP > 食事

「 食事 」

ヘルシーな台湾市民の味「滷味」

 
2017年11月20日 カテゴリー:台湾, 生活, 観光, 食事

こんにちは、海外引越しのクラウンライン台湾です。

 

 

今回は、台湾市民の味「滷味」(ルゥウェイLǔwèi)を紹介させて頂きます。

 

台湾名物の1つなので見たこと聞いたことがあるかもしれませんが、
「台湾版おでん」なんて言われることもあります。

 

さらに細かく言うと温かい状態の物と冷たい状態の物があり、
本日紹介するのは冷たい方です。※「小菜」なんて呼ばれ方をするときもあります

 

冷たい方の滷味(小菜)はよく麺屋さんや定食屋さんによくあります。

 

確かに↓こちらのお店も麺・丼物屋さんでした

黑殿飯店(ヘイディェン ファンディェン/hēi diàn fàn diàn)創始店
住所:新北市淡水區中正路一段62巷8号
営業時間:10:30~19:30”
(引用)「ちょっと台湾いってきます−台湾旅行ブログ−」
https://go-taiwan.jp/2016/06/tanshui-heidian/

↑こちらの素晴らしいブロガーさんの所の方が詳しく載っています!

 

それでこれが滷味(小菜)

色々な種類があるのですが、ここにあるのは

(↓煮卵から時計回りで)
・黃金溏心蛋 …日本でいう煮卵に近い
・猪頭皮   …豚の耳・ミミガーならぬ、、、頭だとなんでしょう?w
・豆皮捲   …台湾版「湯葉」。でも台湾ではそれを揚げたり、煮たり、焼いたりして愛されています。
・大腸頭   …ホルモンの刺身みたい。臭くなくて歯切れもよかった
・豆干    …豆腐を脱水させて固くした豆腐。歯ごたえが良く肉の代用にする人もいるとか。

 

その他にも昆布、豆腐、豚テール…など店舗ごとに種類が異なるので、入った店に思いがけずあると必ず注文するのが日課となっている。

 

本日のお店は麺と丼がメインのお店なので滷味(小菜)はサイドオーダーのような感じ。
メインが配膳されるまでのつなぎ、前菜のようなもの。

 

↓その他(排骨飯、鶏腿飯、炸醤麺・・・)

台湾料理は揚げ物、油炒め物が多いと思われがちですが、
こういうヘルシー志向の食べ物も沢山あります。

 

最近は肉が重く感じる年齢になってきたので、
こういった料理は本当に助かっております!!!

 

皆様も是非試してみてください。

 

メインコンテンツここまで

台北エリアで暮らす日本人の食事情!

 
2016年1月14日 カテゴリー:台湾, 食事

皆様、新年明けましておめでとう御座います。

本年もクラウンライン台湾、飛躍の一年になれるよう最大限努力して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

さて、2016年最初のブログテーマは、昨年末に引き続き

「台湾に住む日本人の暮らし」で御座います。

 

今回は「台北エリアで暮らす日本人の食事情」と題しまして、日本人が多く住む地域の食事情を紹介致します。

 

舞台となるのは『天母』という地域で御座います。

https://www.taipeinavi.com/area/detail.php?area_id=113

 

天母エリアには日本人学校もあり、三越、高島屋、そごう、といった日系デパートが立ち並んでおり、日本人にとって衣・食・住が揃った住みやすい地域といえます。

 

勿論、日本食レストランも多く、日本食が恋しいという方にとってはうってつけの地域ではありますが、台湾料理を扱う夜市などにも日本人の姿が多く見られます。

 

160114tw01

 

天母エリアを食べ歩いている中でも、ひと際日本人の方が多く見受けられたお店がこちらのお餅や豆花(豆腐プリン)を扱うお店でした。

 

160114tw02

 

台湾でも、日本同様にお餅が大人気です。

※台湾では、日本語の「もち」を音訳し、台湾語でmoa-chi(モワチー)と呼び、それに「麻糬」といった漢字を当てております。

 

160114tw03

 

また、年末年始の時期でも20℃を超える台湾は、冷たいスイーツが大人気です。

 

ちなみに私がオーダーした写真にあります「お餅+豆花」は、日本円で150円程でした。

 

肝心のお味はというと、非常に美味しかったです!(写真以上にボリュームも凄いです)

 

大人気のお店ではあり、勿論台湾人の方も多いですが、日本人を含めた外国人も多く見られました。

 

今回の食レポートを通じて感じた事としましては、海外での生活を充実化させる為には、やはり自分の脚で歩いて、食べて、感じてみることが大切であり、その文化を楽しむということでした。

 

次回以降も、様々な視点から「台湾に住む日本人の暮らし」をお伝えして参りますのでお楽しみに!

メインコンテンツここまで

台湾茶はこれからの季節にピッタリ!

 
2015年11月26日 カテゴリー:台湾, 食事

こんにちは、

クラウンライン台湾で御座います。

 

早くも11月の下旬では御座いますが、台湾はまだまだ暑いです!

 

日本と台湾の天気を比べますと、気温差は15℃近くある日も御座います…

 

台湾は、未だに30℃を超える日もあり、台湾人の方も流石に『今年は暑すぎるよ』と仰っております。

 

さて、ブログ第4弾の今回は、日本でも楽しめる『台湾茶』につきましてご紹介致します。

 

151126tw01

 

 

『台湾茶』と一言で申しましても、緑茶、包種茶、烏龍茶、紅茶など多くの種類が御座います。

 

また、お茶の味につきましては、栽培されている標高が高くなるにつれて上質になると言われております。

 

『台湾茶』をお楽しみ頂ける場所の一つと致しまして、日本の方が台湾へいらっしゃる際の観光名所『九份』が御座います。

 

A-Mei Tea House, Jiufen 九份 阿妹茶樓

 

ここは、映画『千と千尋の神隠し』の舞台となったことで一躍有名になり、『九份』を訪れますとあちこちで日本語が飛び交っております。

 

『九份』の多くのお店で台湾茶を楽しめます。

台湾の場合、お店にもよりますが、お茶葉代+『お湯代』がかかります。

 

私も初めは『お湯代?』と不思議に感じましたが、台湾茶は二番煎じ、三番煎じ・・・と注ぎ足して何度も美味しく楽しめるためなのだ、と台湾の友人は教えてくれました。

 

味は非常に上品(私には区別が・・・)であり、多くの種類が御座いますので、飲み比べをしてみても良いかと思われます。

以上、台湾におけます『台湾茶』の楽しみ方でしたが、日本でも、東京で先月台湾茶を楽しんでいただけるカフェがオープン致しました。

 

~彩茶房~
http://www.saisabo.com/

 

台湾茶の美味しさと、日本人の好みを上手くミックスさせたメニューが数多くあり、お勧めで御座います!(※お湯代は込みです)

 

勿論、上でご紹介しました『九份』、『彩茶房』以外でも多くの場所で『台湾茶』をお楽しみ頂けます!

 

これからの寒い時期にもピッタリの『台湾茶』、是非ともお勧めで御座います!

メインコンテンツここまで

台湾カフェ特集!その2

 
2015年11月9日 カテゴリー:台湾, 食事

こんにちは、クラウンライン台湾で御座います。

 

ブログ第三回の今回は、前回に引き続き、

台湾のお勧めカフェをご紹介致します。

 

<前回の記事はこちら>

台湾カフェ特集!
http://www2.crownline.jp/blog/taiwan-cafe01/

 

今回は、日本でもお馴染みの『Starbucks Coffee』についてご紹介致します。

 

世界のおよそ60の国と地域で展開されている同ブランドですが、台湾にも多くの店舗が御座います。

 

『Starbucks Coffee』に行かれると、ドリップコーヒーやカフェラテなどコーヒーを頼まれる方が多いとは思いますが、台湾の『Starbucks Coffee』では台湾茶をご賞味いただけます。

 

151109tw01

 

また、『茶空間』と呼ばれる茶器等の展示スペースのあるお店に行かれますと、専用の茶器にてお茶をご賞味いただけますのでそちらも非常にお勧めで御座います。

 

151109tw02

 

台湾へご旅行される方に「お勧めの台湾茶はありますか?」と質問をされることも多く、台湾茶を楽しめるお店は数多く御座いますが、身近な『Starbucks Coffee』で台湾茶を楽しまれるのも、意外と知られていない台湾の楽しみ方なのでは?

 

相性抜群のチーズケーキなどの甘味と一緒に、台湾へいらっしゃった際には是非お試し下さいませ。

メインコンテンツここまで

台湾カフェ特集!

 
2015年10月19日 カテゴリー:台湾, 食事

こんにちは!

クラウンライン台湾で御座います。

 

今回からは暫く台湾「カフェ特集」として、皆さまにお伝えしたいと思います!

 

第一弾の今回は、台北市内のカフェについて書かせていただきます。

 

台北のカフェ文化は非常に盛んであり、台北のカフェをテーマにした映画も御座います!

 

【映画】台北カフェ・ストーリー(http://www.taipeicafe.net/

※ご覧になるとカフェに行きたい気分にきっとなります!

 

その為、台北市内を歩きますと至る所におしゃれなカフェが見受けられます。

 

151019tw01

 

恐らく、どこの国にもユニークなカフェが多くあると思いますが、台湾もインテリアが非常にオシャレで、本当に落ち着く雰囲気のカフェが豊富だという印象を、在台湾歴たった1か月の私が既に受けております。

 

151019tw02

 

また、休日の時間を利用してのんびりしたい時に、数多くあるカフェからお好みのカフェを選ぶというのも楽しみの一つとなっております。

皆様も台北にいらっしゃった際には盛んなカフェ文化を是非ご堪能下さいませ。

 

151019tw03

 

メインコンテンツここまで