ホーム > ブログTOP > ショッピング

「 ショッピング 」

メノウがいっぱい!@Blok M Square

 
2015年5月20日 カテゴリー:インドネシア, ショッピング

最近、とても大きな石の指輪をつけたインドネシア人男性が増えました!

 

この石は、主にBatu akik(メノウ)で、この一年で、ジャカルタだけではなく、インドネシア国内でブームを呼んでいます。

 

今は男性だけでなくて、女性や子どもにも人気があります。

 

このブームにあやかり、インドネシアで最大の石の市場Jakarta Gems Center(旧Pasar rawa bening)をはじめ、Blok M Square、Mal Blok M、Gemstone Thamrin Cityなどで、多くの店がメノウを販売するようになりました。

 

今回は、リットル東京のブロックMにあるBlok M Squareのメノウの店を訪ねてみました。

150520id01
Blok M Squareの入口にある、メノウの指輪をした大きな手の像。

 

2014年8月にBlok M Squareの地階(ブロックC&D)にメノウを販売する店が開店しました。

 

今年4月時点で、メノウの原石や加工品、加工作業をする店は約200にまで増えました。

 

150520id02
メノウを売る店には、カラフルなメノウの指輪がずらり!

 

指輪に使われるメノウには、さまざまな種類があります。

 

メノウの店のひとつ「Frank Gemstone」には、ジャワやスマトラ、スラウェシ、カリマンタンなどインドネシア各地からのメノウがあります。

 

オーナーのフランキーさん(46)によると、

今一番人気なのはbatu bacan(クリソコラ類)です。

 

スラウェシのバチャン島やカシルタ島に多いこの石は、自然に色が黒から緑に変わるユニークなものです。

 

アチェ産の黄緑色のメノウのbatu idocrase(アイドクレース)や、南スマトラ産の紫色のbatu akik lavender(紫色のカルセドニー)もよく売れています。

 

150520id03
左から紫カルセドニー、クリソコラ、アイドクレースの指輪です。

 

また、メノウに天然の模様が入ったbatu akik gambarも人気で、模様により値段が変わります。

 

鳥、龍、人の顔、クロス、イスラム教のアラビア文字などの模様は高価がつきます。

 

150520id04
ペンダントヘッドにした模様が入ったメノウ。最近これも人気です。

 

好きなメノウを選んで、それにチタンや銀、ロジウムなどの指輪の枠を合わせて、指輪にしてもらいます。

 

指輪の他、ペンダントヘッド、ブレスレットにも加工できます。

 

150520id07

150520id08
ブラックオパールやスラウェシ産のヒスイ、pancawarna(5つの色のメノウ)、カリマンタン産のロードクロサイトなどの原石を販売している店もあります。

150520id05

150520id06
地階の奥にはメノウをカットしたり研磨する場所が。加工料金は石の硬さにより異なります。

 

メノウの指輪は、以前からジャワ人男性に好まれていました。

 

着用者に幸運やカリスマ性、繁栄をもたらして、病気を治すなど特別な力があると考えられているからです。

 

今はファッションで着用する人が多いですが、メノウの不思議な力を信じる人も多いです。

メインコンテンツここまで