ホーム > ブログTOP > 食事

「 食事 」

インドのマクドナルド!牛肉を食べられない国ではどうやっているのか?

 
2017年9月28日 カテゴリー:インド, 食事

こんにちは!

海外引越のクラウンラインインドです。

 

今回は インドのマクドナルド についてご紹介します。

 

日本では手軽なファーストフードで有名なマクドナルドですが、インドの物価からすると現地の人たちからは少し敷居が高いようです。

 

以前はマクドナルドに入店する為のドレスコードもありました。

 

そもそも、「ビーフ100%」を謳っているマクドナルド。

 

牛肉を食べられないインドでどうやって営業しているのか?

 

気になったので行ってみました。

 

マックべジ

ベジタリアン用のメニューです。

お肉に見えますが中身は野菜コロッケです。ほんのりカレー風味です。

 

マサラグリルチキンバーガー

あまりマサラ感はなく万人受けしそうな味です。

 

マックチキンサンドウィッチ

中に挟まっているチキンは日本のファミチキの味を薄くしたような味です。

 

他にもフィレオフィッシュは見た目も味も日本と変わらず、ポテトは若干塩味が強い気がしました。

 

基本的にビーフはチキンに置き換えて販売しているようです。

 

店内はかなりお客さんが多いですが、誰も列に並ばないので、積極的に突き進まないといつまでも注文できません。

 

注文してから出てくるまでも、それなりに時間がかかるのもインドならではだと思います。

 

ハンバーガーのお値段は一個60~70ルピー(110円くらい)です。

 

他に安くておいしい物がたくさんあるインドでは、少し高いかもしれませんが、まだまだインドならではのメニューがたくさんありますので、ご興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

 

クラウンラインでは、お引越し以外にも各国の現地の生活情報もお届けしています。

 

インドへのお引越し、インドからお引越しになられる方は、いつでもクラウンラインにお問い合わせ下さい。

クラウンライン インド
TEL: +91-124-4551431
URL: http://in.crownline.jp/
メインコンテンツここまで

インドのランチ事情!

 
2015年9月18日 カテゴリー:インド, 食事

150918id01

こんにちは、クラウンライン・インドです。

 

今回は仕事の合間の楽しみ、昼ごはん事情について書いていきます。

※インド料理メインでのご紹介です。

 

インドといえども大きい都市では何でも食べることができます。

 

例えば日本食にしても日本人が経営や実際に作っている所もあり、

クオリティも日本で食べるのと遜色ありません。

 

しかし、やはりそういったところは値段が高く、

お財布にとても厳しいのです!

 

食べ続けているといくら赴任者の給料でも生活を圧迫してきます。

よって普段は会社から歩いていける範囲のローカルフードを食べます。

 

そんな中から今回2つ紹介します。

 

150918id02

<ターリー>

 

インドといえばカレーです。

ただ普通にカレーを頼むと1種類しか食べられない上に

1人だとちょっと量が多いので、

いろいろ食べられるターリーを選ぶことが多いです。

 

内容はカレー3種類とヨーグルト、ごはん、チャパティー(薄いナン)、

写真のもので100円ちょいです。ほんと安い!

 

150918id03

<ビリヤニ>

 

写真のような「壺で作るインドの炊き込みご飯」です。

スパイスとお米、鶏肉や野菜などが入っています。

 

地域や店でも味が違うものではあるのですが、

会社の近くにあるお店は結構あっさりした味で

日本人の私にはすごく合います。

 

インドに来てからこの店がすごく気に入ってしまい、

週1~2回食べちゃってます。

写真だとわかりづらいですが、これで500gあります。

(半分の250gも選べます)

 

ちなみにこちらは500gで150円ほどです。(250gは半額)

 

こういった安くて美味しい店を探すのが最近の楽しみだったりします。

 

他にも食べているものはいくつかあるので、そちらはまた今度ご紹介します。

(カレーについても次回以降で載せていきます・・・)

 

 

メインコンテンツここまで