ホーム > ブログTOP > 文化・習慣

「 文化・習慣 」

この時期ならではの光景 in 広東

 
2014年1月31日 カテゴリー:文化・習慣, 広州

こんにちは、クラウンライン広州です。

 

1月31日は旧暦の1月1日、中国の旧正月です。

 

ほとんどの人々は故郷へと帰省しますが、

今年は1月16日から帰省のための特別交通体制となりました。

(中国語で“春運”と呼びます) 

 

帰省とUターンを合わせると、この期間は全中国で30億人もの人々が移動します!

まさしく民族大移動~

 

弊社オフィスの隣には広州東駅があり、ここからも各都市への列車が運行。

140131gz01

<大きな荷物を抱え足早にホームへ>

 

140131gz02

140131gz03

<おしゃべりやトランプをして列車を待つ人々>

 

ここ広東省にはこの時期ならではの風物詩で玄関や入口にミカンの木を置きます。

これは中国他都市にはありません。

140131gz04

<入口にあるミカンの木>

 

この由来は柑橘の“橘”と“吉”の広東語の発音が同じため

たくさんの吉や多くのめでたいことがあるようにと縁起を担いでいるためです。

 

この時期は道端に露店が多数出店していますので気軽に購入できます。

140131gz05

140131gz06

<道端で販売されているミカンの木>

 

広東に長く住めば住むほど、この土地にある風俗習慣の新発見があり

多くの広東語の表現に面白さを感じているこの頃です。

 

(※クラウンライン中国は旧正月のため1月31日~2月6日までお休み致します)

 

【大吉大利】

<Y.K>

 

メインコンテンツここまで