ホーム > ブログTOP > 生活

「 生活 」

久しぶりの映画館!

 
2016年12月27日 カテゴリー:生活, 北京

こんにちは、クラウンライン北京です。

 

久しぶりに映画館に行って参りました!

20161227bj01

 

中国語のタイトルは「神奇动物在哪里」

20161227bj02

 

わかりますか?

そう、「Fantastic Beasts」です。

 

英語音声、中国語字幕版で観たので、よくわからないところもありましたが、3D上映だったので迫力満点でした!

 

たまには映画館もいいですね。

 

帰る頃にはイルミネーションが点灯されていました。

20161227bj03

20161227bj04

 

今年は節電なのか、イルミネーションも控えめなところが多いのですが、こちらは見応えがありますね。

20161227bj05

 

皆様良いお年をお迎えください!

メインコンテンツここまで

初の「赤色警報」が発令されました!

 
2015年12月16日 カテゴリー:生活, 北京

こんにちは、

クラウンライン北京です。

 

ニュースでご覧になったからもいらっしゃると思いますが、

先日、ついに北京の大気汚染に初の「赤色警報」が発令されました。

 

【赤色警報とは?】 大気汚染警報の4段階のうち、最高レベルのもの。

 

ここ数日、スモッグで空気がどんよりとしていたのですが、

本日はきれいに晴れました!

 

飛行機雲もばっちりです。

 

今日は久々にマスク無しで外出できそう!

 

やっぱり青空だと気持ちがいいですね。

 

151216bj

メインコンテンツここまで

事務所のお引越!

 
2015年11月27日 カテゴリー:生活, 北京

こんにちは、
クラウンライン北京です。

 

先日、わたしたちクラウンライン北京・事務所の引越を行いました。

 

151127bj01

 

普段からお客様のお引越作業への立ち合いで、引越の作業自体には慣れてはいるものの・・、

 

空き時間を見つけて資料や備品を詰め、不用品を処分し、新しい事務所のレイアウトを考え、退去手続き、掃除、搬出入、復元・・・・・。

 

オフィスらしくなってきたものの、このまま封印したい箱があと何箱あるのか・・。

 

引越って大変・・。

改めてお客様の気持ちが理解できる経験となりました。

 

引き続き、残りの片付けもがんばります!

 

151127bj02

メインコンテンツここまで

国慶節(建国記念日)

 
2015年10月1日 カテゴリー:生活, 北京

ニーハオ!

 

中国は10月1日から7日まで

国慶節(建国記念日)のため、祝日となります。

 

1週間お休みとなるため、私も日本へ帰国することにしました。

 

中国の方もこの祝日を利用して実家に帰省したり、海外旅行に行ったりと

人口世界1位のこの国で「民族大移動」が発生するこの時期、

飛行機も高速鉄道も早めに予約をしなければ、すぐに入手困難になります。

 

購入すべきタイミングを逃し、お手頃価格のチケットを購入した結果、

深夜便で出発というハードな旅程です・・。

 

151001bj02

北京の玄関口、北京首都国際空港。

 

151001bj01

第1から第3ターミナルまであり、今回は第2ターミナルからの出発です。

 

151001bj03

国際空港なので、深夜でも一部の免税店やカフェは営業しており、

新たにファミリーマートも出来ていました。

 

街中で日系企業を見つけるとちょっとうれしくなりますね。

 

151001bj04

お土産屋さんには中国茶、中国雑貨、パンダグッズも充実しているので、

定番のお土産もゲットできますよ。

151001bj05

・・定番(?)

 

お仕事中の皆様には申し訳ありませんが、リフレッシュして参ります。

 

国庆节快乐!!

メインコンテンツここまで

北京(中国)タクシー事情

 
2014年8月29日 カテゴリー:生活, 北京

こんにちは、クラウンライン北京です。

 

先日、某サイトで

「日本の困ったタクシー特集」成る物を見たのですが

内容は「1万円札を渡すと怒る」とか

「昔有名人を乗せたと武勇伝を語る」とか

「年下だと分かった途端言葉遣いがタメ語になる」とか・・

 

『ぬるい』内容ばかりでした。

 

中国はこんなもんじゃないぜ!!

 

ってことで、

「北京(中国)の困ったタクシーあるある7選」です。

 

1.カーナビ入力が出来ない

目的地を告げても場所が分からないのでカーナビで入力。

しかし目的地の漢字が分からず記入出来ず道に迷う。

・・運転の前にまずは文字を覚えましょう。

 

2.居眠り運転

ある日の事、運転席からイビキが聞こえてくるので

運転手をよく見てみたら目は開けている。

もっと良く見て見ると、何と!

ウトウトとイビキかきながら運転していた。

そしてしっかり道を間違えられる。

乗ってて普通に怖かったです・・。

 

3.そもそも運転が下手くそ

新人運転手で道が分からないのに加えて

まっすぐ走れない&信号に反応しない運転手。

素人度合いでは1.と、危険度度合いでは2.と共通点は多い。

 

4.エアコン点けてくれない

暑いのでエアコン点けてくれと頼むも点けてくれない。

もう一度お願いすると、車を止めて「車乗り換えろ」と言ってくる。

 

5.イベント&悪天候日は便乗値上げ

イベント会場周辺ではメーターは有名無実化。

悪天候(大雨・大雪)の日も同様で、

近所へ行くにも100元(約1,600円。初乗りは14元)請求される。

 

6.公共のロータリーで行き先を限定してくる

北京生活も長くなってくると流石に

目的地へ行ってくれない、一定の方角しか行ってくれない、

という運転手には慣れてしまいましたが、

同じ事を列車駅や空港のタクシーロータリーでも言い出す輩がいます。

1時間近くも並ばされたあとにこのような運転手にあたると

何とも悲しい疲労感に襲われます。

 

7.音声チャット会話しながら運転する

中国でも流石に運転中の電話はNGになってきましたが、

そうなったらなったで手を変え品を変えるのがこっち流。

ヘッドフォンでWeChat等の機能を使い、

客の横で大声で音声チャットをしています。

 

・・・

 

まぁ、極めつけは北京の場合、

とにかくタクシーそのものが来ないってことなのだが・・・。

 

北京ライフ初期はしょっちゅう腹を立てていましたが、

最近は多少の距離なら歩いたり、

トゥクトゥク(バイクタクシー)と交渉して安い値段で移動したりと

色々工夫しております。

 

「住めば何処も都」ってことですな。

 

K

メインコンテンツここまで