ホーム > ブログTOP > 上海

「 上海 」

中国での運転免許証

 
2018年8月15日 カテゴリー:上海

こんにちは!海外引越しのクラウンライン上海です。

 

相変わらず夏真っ盛りの上海です。

猛暑が続いておりますが、お出かけの際に熱中症には気を付けたいですね。

 

さて、お出かけといえば皆様交通手段は何をご利用されるのでしょうか。

 

上海は地下鉄がものすごい事になってますから多くの方はやはりこちらでしょうか?

もしくは迷わずタクシーをご利用されるのでしょうか。

 

私も普段は地下鉄かタクシーを利用しております。

 

ですが、子供も成長するにつれ行きたい場所も増えてきました

 

日本で生活していれば迷わず自家用車で移動(田舎出身なものでw)をするのですが、流石に中国では車は持ち合わせておりません。

 

むしろ 中国の免許がありません

 

それは困りました。

 

これでは好きな時にちょっと家族で遊びに出かける事も出来ません!?

 

と、いう事で、私は中国の免許を取る事に決めました。ww

 

調べてみると日本で免許をお持ちの方は、中国で免許の書き換え手続きを行うだけで車に乗れます

 

勿論試験を受けて100点満点中90点以上で合格すれば、のお話です。

 

ですが試験も日本語Ver.もあるようで、私のお客様の中にも免許をお持ちの方が何人かいらっしゃいました

 

一番簡単なのは専門業者に手続きを依頼すれば2~3000元で試験を受けるまで行えます。

 

でも思いつきで2~3000元は正直に痛いですw。

 

なので必要な手続きは自分で行いました。

 

流れはこうなります。

 

(1)日本の免許証を静安寺の翻訳会社で中国語に翻訳してもらう

(2)哈密路1330号 上海公安局交警総隊車両管理所で諸々の手続きを行い試験を予約する(ほぼここでの手続きがメインです)

(3)同建物内3Fで運転免許の試験を受ける →合格

(4)当日免許証発行

 

↑哈密路1330号 上海公安局交警総隊車両管理所の入り口です。

写真の後姿は全く知らない人です。w

 

これだと試験を受ける手続きや試験問題集を購入しても400元程度で済みます。

 

と、いう事で、(2)までは1日で無事終えてきましたので、後は見事に試験に合格するだけです。

 

果たして私は中国での運転免許証を手に入れる事ができるのでしょうか。

 

結果は「受かったら」お知らせしようと思いますw。

 

それではまた次回。

 

メインコンテンツここまで

上海のインフラはどこまで広がる?17号線が開通!

 
2018年4月25日 カテゴリー:上海

こんにちは!

海外引越しのクラウンライン上海です。

 

上海では日中20度を超える日々が続き、もうすっかり春になりました。

 

寒くもなく、暑くもなく、このぐらいの気温が私は暮らしやすくとても好きです。

 

冬の間寒い日は、外へ出ると直ぐにタクシーに乗車し、まず歩く事はしておりませんでした。

 

ですが最近は、暖かくなったおかげで、積極的に歩いて移動をするように心がけております。

 

仕事柄上海市内だけではなく、市外近郊や遠方での営業も多い私ですが、あまり慣れない土地でも百度先生にしっかりナビをしていただき(たまにウソつきです)、目的地へ向かいます。

 

お陰さまですっかり体もスリム・・・にはなっておりませんが、地下鉄や高鉄(新幹線)での移動が増えました。

 

そんな折、上海虹桥火车站(高铁駅)から地下鉄へ乗り換えをしておりますと、見慣れない路線(17号線)が開通している事に気がつきました。

 

今更ながら17線も開通している事にもびっくりですね、上海のインフラはどこまで広がるのでしょうか。

 

とりあえず気になったので乗ってみました。

 

終わりまでは凡そ45分程度ですが、終着駅の「東方緑舟」は以前からある観光地らしいです。

駅にあった案内図ではこんな感じです。

 

淀川湖という湖の周辺を走っているようです。

 

早速、終着駅の改札を出ると直ぐ目の前には「東方緑舟」が目に入ります。

 

施設内はとても広いようで子供を連れて遊ぶアトラクションも沢山あるようです。

 

これはゆっくりとお休みの日に子供を連れてくるべきでした。

 

入場だけだと50元、11個箇所のアトラクションのうち、8か所を利用できるコースで150元、個別で遊ぶと1アトラクションにつき2.30元程度の価格設定です。

 

今まで存在すら知らない場所でしたが、地下鉄駅が出来た事で気軽に遊びに来れる面白そうな場所を発見いたしました。

 

天気の良い次の休日は子供と「東方緑舟」でピクニックですね。

機会があれば施設内の様子もご紹介しようと思います。

 

それではまた次回。

メインコンテンツここまで

上海動物園で気を付けなければならないこと!

 
2017年11月19日 カテゴリー:上海

こんにちは、海外引越のクラウンライン上海です。

 

気がつけばすっかり朝晩も冷え、秋の季節になった上海です。

 

日中の気温が40度を超えていた真夏がいつの間にか終わってしまい、外に出ると空気が肌に刺さり、痛くなる冬が目前の季節になりました。

 

時間が過ぎるのは早いもので、秋のうちにブログの更新をしないとサボっていたのがバレバレになってしまいそうで焦って執筆した私です。(笑)

 

さて今回ですが、最近歩けるようになった娘と一緒にせっかくなので「上海動物園」へ行ってみましたのでご紹介いたします。

 

地図には沢山の動物の紹介があるのですが、園内はとても広く、全てを回るのはとても大変な為、ピンポイントでの見学ですがモコモコの為、肌寒いこの時期も元気だろうと思い、中国を連想する彼らに会いに行ってきました。

 

中国のモコモコですぐに分かる方がいるかは分かりませんが、体系からは想像がつかない素晴らしい功夫を使う人気者(まーアニメですけど)に一目会いたく行ったのですが、実際に見るとやはり彼らは可愛らしいですね。

 

こんな感じです。

 

はい、アライグマです。。。

 

もう可愛らしくてかなりの時間を費やして見入ってしまいました。

 

あ、勿論主役も見てきました(笑)

 

本当に安定の可愛さです。

 

抱きつきたくなりますが、白黒なだけの熊なので意外と危険と聞いたことがありますが本当はどうなんでしょうか。

 

ずっと笹の葉を食べておりました(笑)

 

普通の熊も園内にいたので見てきたのですが、実はパンダより愛想がよく、より人が集まっておりました。

 

さて今回は上海動物園に足を運んでみましたが、実は入場の際に気を付けなければならない事が一つございます。

 

それはお金を用意する事!(笑)

 

いや、何を言ってるか分からないかもしれませんが、中国で生活するとキャッシュレスに慣れすぎてしまい、意外と現金を持ち歩く事を忘れがちです。

 

上海動物園は大人一人40元程度と決して高くもありませんが、家族で行くとそれなりの金額になり、現金でしか入場券を購入できない為に普段から手持ちが少ない方は折角入り口まで来たのに入園できなくなってしまいます。

 

事前に入場券を予約し、無人機にて発券する事も出来ますが、知らない人は事前予約をしないと思います。

 

是非遊びに行かれるご予定がある方は現金のご用意をお忘れなく(笑)

 

それではまた次回。

メインコンテンツここまで

上海で大人気!どこでも乗り降り自由の新しいレンタルサービス

 
2017年6月12日 カテゴリー:中国, 生活, 上海

こんにちは、

海外引越のクラウンライン上海です。

 

今回は上海で大人気!

絶賛稼働中のかれらについてご紹介いたします。

 

それは日本でも馴染み深く、世界中をまたにかける、いや、かけられております。

 

その名は、、、

 

自転車です。。。

はい、そんなに珍しい物ではございません。

 

ですが、上海ではこのレンタル自転車が沢山の企業より出されており、沢山の人が利用しております。

 

私は会社までは地下鉄で二駅のところですが、家から駅へは多少歩く為、毎日このレンタル自転車を利用して通勤しております。

 

因みにどれだけの人が利用してるのかというと、オフィスの周りだけでもこんな感じです。

 

日中のオフィス前の道路。

 

そして帰宅時の同じ場所。

まさにガラガラです(笑)

 

中国では、今も昔も人気の電動自転車(日本のスクーターと見た目は何も変わりませんが、道路交通法違反の為日本に持ち込みは不可能です)も無免許で乗れたりする国ですし、タクシーが初乗り14~16元(1元は約16円)となかなかお手頃な料金設定です。

 

地下鉄は3元~7元で上海市内を移動できます。

バスは一定区間内で凡そ2元です。

 

とにかく交通費がとてもお手頃な国で、なぜこんなにも流行っているのか?

 

それは、どこでも乗り放題、捨て放題で1回(1時間)たったの1元ぽっきりで利用可能であること。

 

外国人も一人で気軽に利用でき、言葉の壁も気になりません。

 

自分でペダルをこぐなんて疲れることは出来ない人にはなんと、レンタル自転車でも電動アシストタイプまででております。

 

そして勿論キャッシュレスの国、われらが中国です。

 

アプリを携帯に登録するだけで、鍵の開錠や支払いが全て可能となります。

 

最近ではシンガポールにもこのレンタル自転車が進出しているらしいです。

 

世の中何がヒットするかわかりませんね(笑)

 

さて、中国の電動自転車は先程記述した通り、残念ながらお荷物では運べません。

ですが、普通の自転車は勿論お引越のお荷物としてお運び出来ます。

 

お引越で自転車を送る場合は、通常船便をご利用された方が安全度は増します。

ですが、急ぎで直ぐ使いたい!航空便でどうしても送りたい!

 

そんな時は海外引越専門のクラウンライン上海へご連絡下さいませ。

引越のprofessionalである私共が、全力でお引越のお手伝いをさせて頂きます!

 

何卒、宜しくお願い致します。

 

ではまた次回。

メインコンテンツここまで

もともとは普通の住宅地?芸術の街・田子坊へ。

 
2017年1月30日 カテゴリー:観光, 上海

こんにちは。

海外引越のクラウンライン上海です。

 

2017年、新年を迎え上海のお正月らしいものをご紹介しましょう!

 

と、思いましたが・・・すみません、特に思い浮かばない駄目な私です。

 

なので定番の観光スポットに行ってまいりました!

 

そこは地下鉄9号線 打浦橋駅を降りてすぐに住宅地の中に存在する観光地

【田子坊】 です!

20170127sh01

 

入口だろうと思われるところから中へ進むも人の通りもなく、本当に観光地なのか?と思いつつもずんずんと突き進んで行くと、なんと・・・・・・

 

反対側の大通りに出てしまいます(笑)

 

ここは今もそうですが、もともとは普通の住宅地です。

 

誰やら有名な方のアトリエが出来、そこへ集まる人目当てに飲食店なり、他のアトリエなりと自然と観光地になっていったらしいです。

なので、写真の入り口以外にも無数の入り口が勿論あり、正面入り口じゃないところの方が賑わっていたりします(笑)

 

初めての方は勇気を出していろいろな路地に踏み込んでみると面白いですよ。

(でもただの民家にもつながりますのでお気を付け下さい)

 

20170127sh02

20170127sh03

20170127sh04

20170127sh05

20170127sh06

20170127sh07

20170127sh08

20170127sh09

 

色々歩くと地域の成り立ち?生い立ち?を紹介してくれる場所や、不思議な小吃のお店が、所せましと沢山並んでおりました。

 

あ、勿論アトリエも多く、ちゃんと芸術の街でもあるようですよ。

 

お土産品も10元から25元位の範囲で沢山ありますが、著作権に触れるものも多く撮影禁止でした(笑)

 

夜には多国籍の料理が楽しめるお店や、barなどもあり、いろんな時間帯で遊べる場所です。

 

是非上海へ観光や中国へ転勤で来られた際には遊びに行かれては如何でしょうか。

 

そして転勤といえば、・・・そうです・・・引越です!!

そんな時は海外引越専門のクラウンライン上海へご連絡下さいませ。

 

引越のprofessionalである私共が、

全力でお引越のお手伝いをさせて頂きます!

 

何卒、宜しくお願い致します。

 

ではまた次回。

メインコンテンツここまで