ホーム > ブログTOP > 2015年9月のアーカイブ

2015年9月

広州へようこそ!(天河区内 中信広場周辺をご案内)

 
2015年9月30日 カテゴリー:生活, 広州

こんにちは!クラウンライン広州です。

 

今日は、クラウンライン広州が位置する

広州市天河区内、中信広場周辺をご紹介します。

 

中信広場より徒歩五分圏内には、AEON、IKEAなどの商業施設に加え、

広州の東の玄関、広州東駅などが隣接していて

非常に便利な街のつくりになっています。

 

150930gz01

中信広場(CITICプラザ):

一際目立つ中信広場の高層ビルは、飛行機からも確認できるほど。

街中の移動の際には良い目印になります。

 

150930gz02

AEONの入り口:

ユニクロをはじめ、スターバックス、セブンイレブン、

ピザハット、元気寿司など、日本でもお馴染みのお店が入っています。

AEONのスーパーでは日本の食材も手に入ります。

 

150930gz03

IKEA前:

中国のアパート、マンションは、お部屋は大きいですが、

収納スペースが小さいのが一般的。

手軽な価格で家具の付け足しに便利です。

 

150930gz04

広州東駅:

広州の東の玄関です。

地下鉄、高速鉄道、近長距離バスターミナルなど

トランスポーテーションが集中しており、

市内外への移動や近隣都市への移動に非常に便利です。

深セン行き高速鉄道や,香港直通の列車も出ています。

 

150930gz05

広州東駅広場:

広州東駅から中信ビル方面に進むと突如として現れる背の高い木々。

秋口でも真夏のように暑い広州ですが、

一歩足を踏み入れると空気がひんやりしていてとても気持ちが良いです。

近隣住人のオアシスになっています。

 

日本人、外国人も多く住むこのエリアは、

どなたでも快適に暮らせる街だと思い、筆者も大変気に入っています。

是非一度いらっしゃってください。

 

广州欢迎你!

メインコンテンツここまで

犠牲祭がやってきました~!

 
2015年9月29日 カテゴリー:インドネシア, 文化・習慣

150929id01

犠牲祭(インドネシアではイードゥル・アドゥハーとも言う)

イスラム教の2番目の祭です。

 

イスラム教の五行の5つ目、メッカーへ巡礼することの最終日にあたる日に、

巡礼に行かない敬虔なイスラム教徒は、

アッラーの神に羊や牛などの動物を生け贄として捧げました。

 

神に感謝の気持ちを表す大切な行事であり、

今年は9月24日(木曜日)に 行われました。

 

犠牲祭は祝日となるのでその日には学校やオフィスはみんな休みました。

 

■犠牲祭には何をしますか?

 

犠牲祭の前の夜には一晩中モスクから

タクビールという神へのお祈りの声が響き渡ります。

 

午前6時頃に家族と一緒にモスク又は広場に

犠牲祭日に行われる特別のお祈りをしに行きます。

 

モスクの近くの所で動物を生け贄にする儀式が行われます。

 

切ったその肉をみんなに配ります。

肉料理を作って、お祝いに家族とみんなで一緒に食べます。

 

犠牲となる動物には決まりがあって、

羊なら一人で一匹、 牛や水牛やラクダならば七人で一頭犠牲にします。

 

そして、その動物の肉の3分の1は貧しい人への分け与え、

次の3分の1はご近所へ、 残りの3分の1は自分の分となります。

 

イスラム教には、貧しい人の気持ちを実感するために

断食という習慣がありますが、

犠牲祭のとき、そしてその3日間後は断食禁止の日となります。

 

せっかく動物を生け贄したからみんなと一緒に肉料理を楽しめる時間です。

 

■犠牲祭の歴史というと・・・?

 

犠牲祭の歴史というと

神の預言者イブラヒム(アブラハム)とイスマイルの話が有名です。

 

預言者イブラヒムが、夢を通じて神から

自分の子イスマイルを生け贄にするように言われました。

 

信仰心厚いイブラヒムはイスマイルを連れて、

生け贄を捧げるために山へ行きました。

 

そして息子も神からの命令だから覚悟を決めて、

いよいよ生け贄を捧げられたら、迷子の羊が現れました。

 

神は二人の厚い信仰心や誠実を受けて下さって、息子の代わりに羊を送って、

イブラヒムは、その羊を生け贄として神に捧げました。

 

羊は神からの恵みのものでした。

 

犠牲祭はそのことを記念するため

毎年延々と続けられてきた儀式となったのです。

 

私たちのため犠牲になってくれた動物たちの命に感謝しております!

 

犠牲祭おめでとうございます!

 

150929id02

メインコンテンツここまで

べトナムはコーヒー生産国第2位!(私のベトナム面白事情)

 
2015年9月25日 カテゴリー:ベトナム, 生活, 食事

ホーチミンに引っ越してきて早くも 一ケ月が過ぎました。

 

皆さんはご存知でしょうか?

べトナムはコーヒー生産国第2位であるという事を、、、

 

ベトナム人も自国の美味しいコーヒーが大好きで、

ホーチミン中にカフェが多くあります。

 

ランチの後に場所を変えて気軽に入れるカフェで

美味しいコーヒーをいただき、午後の仕事に活力を与える。

 

そんなカフェが多い市街地でみかける

テーブルと机にとても驚きを感じました。

 

まるで子供の椅子みたい。

 

ベトナム人は小柄で細めの方が多いと思いますが、

それでも普通の椅子だともっと楽なのでは?とつい思って見てしまいます。

 

150925vn01150925vn02

150925vn03150925vn04

一説には昔路上で不正に店を出していた際、

警察官が取り締まりに来ることが多々あり、そのため

逃げやすいように椅子やテーブルを小さくしているという。

 

本当か嘘かは定かではないようです。

メインコンテンツここまで

インドのランチ事情!

 
2015年9月18日 カテゴリー:インド, 食事

150918id01

こんにちは、クラウンライン・インドです。

 

今回は仕事の合間の楽しみ、昼ごはん事情について書いていきます。

※インド料理メインでのご紹介です。

 

インドといえども大きい都市では何でも食べることができます。

 

例えば日本食にしても日本人が経営や実際に作っている所もあり、

クオリティも日本で食べるのと遜色ありません。

 

しかし、やはりそういったところは値段が高く、

お財布にとても厳しいのです!

 

食べ続けているといくら赴任者の給料でも生活を圧迫してきます。

よって普段は会社から歩いていける範囲のローカルフードを食べます。

 

そんな中から今回2つ紹介します。

 

150918id02

<ターリー>

 

インドといえばカレーです。

ただ普通にカレーを頼むと1種類しか食べられない上に

1人だとちょっと量が多いので、

いろいろ食べられるターリーを選ぶことが多いです。

 

内容はカレー3種類とヨーグルト、ごはん、チャパティー(薄いナン)、

写真のもので100円ちょいです。ほんと安い!

 

150918id03

<ビリヤニ>

 

写真のような「壺で作るインドの炊き込みご飯」です。

スパイスとお米、鶏肉や野菜などが入っています。

 

地域や店でも味が違うものではあるのですが、

会社の近くにあるお店は結構あっさりした味で

日本人の私にはすごく合います。

 

インドに来てからこの店がすごく気に入ってしまい、

週1~2回食べちゃってます。

写真だとわかりづらいですが、これで500gあります。

(半分の250gも選べます)

 

ちなみにこちらは500gで150円ほどです。(250gは半額)

 

こういった安くて美味しい店を探すのが最近の楽しみだったりします。

 

他にも食べているものはいくつかあるので、そちらはまた今度ご紹介します。

(カレーについても次回以降で載せていきます・・・)

 

 

メインコンテンツここまで

私のベトナム面白事情〜はじめます!

 
2015年9月17日 カテゴリー:ベトナム, 生活

150917vn

ベトナム・ホーチミンに不安と期待を持って、

家族で引っ越してきて、もうすぐ1か月がたちます。

 

日本、インドネシア、マレーシアに住んでいた私でも、

初めての国では私の中の常識にはなかったものが

目に飛び込んでくるたびに、驚かされることが多いこと!

 

この驚きや面白さは「今だけ」だと、

ベトナムに数年在住する同僚から言われたので、

周りの面白さが普通になる前に、私の勝手な価値観で

面白かったことをブログに残したいと思います。

 

題して、「私のベトナム面白事情~」

 

ここベトナム・ホーチミンはとにかくバイクが多い・・。

 

理由として、道が狭く渋滞がひどいため、

移動の簡単なバイクに皆乗っているようです。

 

また、市街地には有料の駐車場が完備されておらず、

車での通勤や移動が不便であるのに比べ、

バイクは店先には無料の、要所要所の道端には有料の駐輪所があるので、

皆 バイクを利用するようです。

 

おまけにベトナムでは

50CCまでのバイクには免許がいらないと言う・・

中学生以上は乗れるらしい。

これには驚きました。

 

とにかくバイクが多いので、市街地では排気ガスがちょっと問題かな?

 

ただ、さすが女性はすごい・・

どのような状況でもおしゃれです。

 

多くの人がマスクを使用しているのですが、

マスクがカラフル、かわいい・・

 

写真にはないけれど、

いろんなキャラクターの載っているマスク、

横がひらひらと蝶のように見えるマスクなどがあり、

 

バイクに乗っている女性も、

マスクと二の腕までカバーできる日焼け止め手袋と

足の日焼け防止のドレスのような前掛けを

3点おそろいのガラで統一したりと、

 

どんな状況でもおしゃれを忘れない

ベトナム人はすてきだと思いました。

メインコンテンツここまで