ホーム > ブログTOP > 2015年5月のアーカイブ

2015年5月

メノウがいっぱい!@Blok M Square

 
2015年5月20日 カテゴリー:インドネシア, ショッピング

最近、とても大きな石の指輪をつけたインドネシア人男性が増えました!

 

この石は、主にBatu akik(メノウ)で、この一年で、ジャカルタだけではなく、インドネシア国内でブームを呼んでいます。

 

今は男性だけでなくて、女性や子どもにも人気があります。

 

このブームにあやかり、インドネシアで最大の石の市場Jakarta Gems Center(旧Pasar rawa bening)をはじめ、Blok M Square、Mal Blok M、Gemstone Thamrin Cityなどで、多くの店がメノウを販売するようになりました。

 

今回は、リットル東京のブロックMにあるBlok M Squareのメノウの店を訪ねてみました。

150520id01
Blok M Squareの入口にある、メノウの指輪をした大きな手の像。

 

2014年8月にBlok M Squareの地階(ブロックC&D)にメノウを販売する店が開店しました。

 

今年4月時点で、メノウの原石や加工品、加工作業をする店は約200にまで増えました。

 

150520id02
メノウを売る店には、カラフルなメノウの指輪がずらり!

 

指輪に使われるメノウには、さまざまな種類があります。

 

メノウの店のひとつ「Frank Gemstone」には、ジャワやスマトラ、スラウェシ、カリマンタンなどインドネシア各地からのメノウがあります。

 

オーナーのフランキーさん(46)によると、

今一番人気なのはbatu bacan(クリソコラ類)です。

 

スラウェシのバチャン島やカシルタ島に多いこの石は、自然に色が黒から緑に変わるユニークなものです。

 

アチェ産の黄緑色のメノウのbatu idocrase(アイドクレース)や、南スマトラ産の紫色のbatu akik lavender(紫色のカルセドニー)もよく売れています。

 

150520id03
左から紫カルセドニー、クリソコラ、アイドクレースの指輪です。

 

また、メノウに天然の模様が入ったbatu akik gambarも人気で、模様により値段が変わります。

 

鳥、龍、人の顔、クロス、イスラム教のアラビア文字などの模様は高価がつきます。

 

150520id04
ペンダントヘッドにした模様が入ったメノウ。最近これも人気です。

 

好きなメノウを選んで、それにチタンや銀、ロジウムなどの指輪の枠を合わせて、指輪にしてもらいます。

 

指輪の他、ペンダントヘッド、ブレスレットにも加工できます。

 

150520id07

150520id08
ブラックオパールやスラウェシ産のヒスイ、pancawarna(5つの色のメノウ)、カリマンタン産のロードクロサイトなどの原石を販売している店もあります。

150520id05

150520id06
地階の奥にはメノウをカットしたり研磨する場所が。加工料金は石の硬さにより異なります。

 

メノウの指輪は、以前からジャワ人男性に好まれていました。

 

着用者に幸運やカリスマ性、繁栄をもたらして、病気を治すなど特別な力があると考えられているからです。

 

今はファッションで着用する人が多いですが、メノウの不思議な力を信じる人も多いです。

メインコンテンツここまで

【インド】アライバルビザ(観光ビザ)の取得方法(その1)

 
2015年5月8日 カテゴリー:インド, 観光

2215339300_7839cd7dea_z

Photo by Dennis Jarvis

インドのアライバルビザの取得方法が

2015年より変わりました。

 

WEBサイトで事前登録して、

パスポート顔写真コピーや証明写真をアップし、

US60を支払ったりと、

便利なのか便利じゃないのかよくわからない感じです。

 

4日もあれば申請は終わるようですが・・、

インドのことなので余裕は持った方がいいでしょう。

 

1カ月以上滞在する人や時間に余裕がある人は、

日本のビザセンターで申請するのが良いかもしれません。

 

相変わらず多い入力項目についての解説は、下記をご覧ください。

 

【ビザ取得用のWEBサイトはこちら】

https://indianvisaonline.gov.in/visa/tvoa.html

 

<最初の画面>

(1)Passport Type – ordinary passportを選択

(2)Nationality – Japan

(3)Port Of Arrival – 到着空港を選択

(4)Date of Birth – 誕生日を選択

(5)Email ID – E-Mailアドレスを入力

(6)Expected Date of Arrival – 到着予定日

(7)Enter Access Code – アクセスコードを入力

 

<次の画面>

(1)Surname (as shown in your Passport) – 名字

(2)Given Name/s (as shown in your Passport) – 名前

(3)Have you ever changed your name? If yes, click the box and give details – 氏名の変更をしたことがある人はチェックし、旧氏名を入力

(4)Sex – 性別を選ぶ

(5)Date of Birth – 生年月日

(6)Town/City of birth – 出生地(例:東京)

(7)Country of birth – 出生国(日本)

(8)Citizenship/National Id No – NA

(9)Religion – 宗教を選択(無宗教なら”OTHER”を選択して”NONE”と記入)

(10)Visible identification marks – 身体的特徴(ホクロやあざがある場合に入力)、NAでもOK

(11)Educational Qualification – 最終学歴を選択

1. BELOW MATRICULATION:小学校卒業、中学校在学中

2. GRADUATE:大学卒業

3. HIGER SECONDARY:高等学校、専門学校、短期大学卒業

4. ILLITERATE:無学、読み書きが困難

5. MATRICULATION:中学校卒業

6. NA BEING MINOR:小学校以下、未就学

7. OTHERS:その他

8. POST GRADUATE:大学院卒業

9. PROFESSIONAL:博士号

 

(12)Did you acquire Nationality by birth or by naturalization? – 現在の国籍は生まれながらなのか?帰化の場合は過去の国籍を入力

 

<パスポート情報>

・Passport No:パスポート番号

・Place of Issue:発行場所

・Date of Issue:発行日

・Date of Expiry:期限

・Any other valid Passport/Identity Certificate(IC) held ,Yes / No:上記以外他に有効なパスポートを所持しているか?

 

<次の画面>へ。(その2)に続きます。

メインコンテンツここまで

桜は見たし、花粉は怖し

 
2015年5月1日 カテゴリー:インドネシア, 生活

我が子が高校入学のため、家族で一時帰国。

この時期での帰国は、実に6年ぶり。

 

帰国前、今の桜の開花状況を確認すべく、

NHKを見ると、いや~綺麗に咲いているではないですか。

 

と、喜んだのもつかの間、

「花粉注意報」の言葉が目に、

常夏のジャカルタにいながらも、体が凍る思いに・・・

 

忘れていた・・、小生は花粉症だったのである。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

花粉症は日本でしか症状が出ず、


海外にいるとなんともないのです。

 

以前は花粉症の季節前にまず、医者に掛かり、

事前の対策をしておりました。

 

でもでもやはりつらい時期。

 

お客様と面と向かって接する職業上、

みっともない顔は見せられないため、毎日、薬漬けでした。

 

それがジャカルタへ来た途端、

 

「なんてことでしょう~」

 

すっかり症状はなくなったのです。

 

それから6年間、忘れてました。

まあ、6年も経っているわけだし、体質改善されているかもしれない、

と楽観的に何も用意せず、朝、関西空港へ到着。

 

滞在先へ向かうと・・桜は満開、絶好の花見日和でした!

やはりこれですよ。桜が一番ですね。

 

150501id01

150501id02

 

だがだが、しかし、一日外ではしゃいでおりましたら、

夕方から鼻の奥がくすぐったい。

 

花粉? いや、きっと鼻毛が延びてコチョコチョしているんだよ、

なんて思っておりましたが、ダメでしたね。

 

【教訓】

体質なんて6年経ったって、

そんなに簡単に改善されやしません。

 

すぐに薬局へ行き、マスクと点鼻薬を購入し、

何とか期間中を乗り切りました。

 

充分に桜と花粉を堪能?し、ジャカルタへ戻りましたが、

やはり1,2日は後遺症に悩みました。

 

花粉もスギやヒノキ等、いろいろな種類があるようで、

4月を過ぎても次は5月の花粉があるようです。

 

まだまだ花粉症に悩まされている方々はいらっしゃると思いますが、

一番の薬はやはり「日本からの脱出」ですね。

 

そんなに簡単にはできることではありませんが、

脱出、いやいやご赴任の際の「お引越し」は、

是非、クラウンライングループにお任せください。

 

もちろん、花粉は運びません!!

でも桜の花びらは、そーっと入れておこうかな。

 

さっ、クラウンラインへ。

http://crownline.jp/

メインコンテンツここまで