ホーム > ブログTOP > 2014年8月のアーカイブ

2014年8月

北京(中国)タクシー事情

 
2014年8月29日 カテゴリー:生活, 北京

こんにちは、クラウンライン北京です。

 

先日、某サイトで

「日本の困ったタクシー特集」成る物を見たのですが

内容は「1万円札を渡すと怒る」とか

「昔有名人を乗せたと武勇伝を語る」とか

「年下だと分かった途端言葉遣いがタメ語になる」とか・・

 

『ぬるい』内容ばかりでした。

 

中国はこんなもんじゃないぜ!!

 

ってことで、

「北京(中国)の困ったタクシーあるある7選」です。

 

1.カーナビ入力が出来ない

目的地を告げても場所が分からないのでカーナビで入力。

しかし目的地の漢字が分からず記入出来ず道に迷う。

・・運転の前にまずは文字を覚えましょう。

 

2.居眠り運転

ある日の事、運転席からイビキが聞こえてくるので

運転手をよく見てみたら目は開けている。

もっと良く見て見ると、何と!

ウトウトとイビキかきながら運転していた。

そしてしっかり道を間違えられる。

乗ってて普通に怖かったです・・。

 

3.そもそも運転が下手くそ

新人運転手で道が分からないのに加えて

まっすぐ走れない&信号に反応しない運転手。

素人度合いでは1.と、危険度度合いでは2.と共通点は多い。

 

4.エアコン点けてくれない

暑いのでエアコン点けてくれと頼むも点けてくれない。

もう一度お願いすると、車を止めて「車乗り換えろ」と言ってくる。

 

5.イベント&悪天候日は便乗値上げ

イベント会場周辺ではメーターは有名無実化。

悪天候(大雨・大雪)の日も同様で、

近所へ行くにも100元(約1,600円。初乗りは14元)請求される。

 

6.公共のロータリーで行き先を限定してくる

北京生活も長くなってくると流石に

目的地へ行ってくれない、一定の方角しか行ってくれない、

という運転手には慣れてしまいましたが、

同じ事を列車駅や空港のタクシーロータリーでも言い出す輩がいます。

1時間近くも並ばされたあとにこのような運転手にあたると

何とも悲しい疲労感に襲われます。

 

7.音声チャット会話しながら運転する

中国でも流石に運転中の電話はNGになってきましたが、

そうなったらなったで手を変え品を変えるのがこっち流。

ヘッドフォンでWeChat等の機能を使い、

客の横で大声で音声チャットをしています。

 

・・・

 

まぁ、極めつけは北京の場合、

とにかくタクシーそのものが来ないってことなのだが・・・。

 

北京ライフ初期はしょっちゅう腹を立てていましたが、

最近は多少の距離なら歩いたり、

トゥクトゥク(バイクタクシー)と交渉して安い値段で移動したりと

色々工夫しております。

 

「住めば何処も都」ってことですな。

 

K

メインコンテンツここまで

蘇州新区のご紹介

 
2014年8月26日 カテゴリー:生活, 上海

久々更新!

クラウンライン上海です。

 

本日は上海の隣町、「蘇州」をご案内します。

 

中国江蘇省に位置する蘇州市は上海から約100km。

1990年代から日本企業が多く進出し、

中でも「新区」と呼ばれる地域

日系企業の進出が早かったこともあり、

日本人が多く住むマンション内に日系スーパーが併設されていたり、

日本人学校があったりと、ご家族でご赴任いただくご家庭も多い街です。

 

「商業街」と呼ばれる通りがあり、こんな感じ。

140826sh01

商業街通り

 

140826sh02

日系マンション

 

140826sh03

スーパーの中

 

日本料理屋さんがずらりと並んでいて、日本人客はもちろん

和食好きの中国人客も訪れることが多いようです。

 

徒歩圏内に地下鉄塔園路駅もあり、

街中をスムーズに行き来することが可能です。

 

ちなみにホームはこんな感じ。

140826sh04

塔園路駅

 

残念ながら今回写真がご用意できなかったのですが、

蘇州はかつてマルコポーロが「東洋のベニス」とうたった水郷

周囲は湖や河川で取り囲まれています。

 

高層ビルと昔ながらの古い街並み、

中国の過去と現在が共有している場所です。

 

こちらはまた次回、蘇州へ行く際に写真に収めて参ります。

 

メインコンテンツここまで

サービスアパートメント SOMERSET in 広州

 
2014年8月22日 カテゴリー:生活, 広州

こんにちは、クラウンライン広州です。

 

久しぶりに海珠区側の珠江を歩いていたら

<SOMERSET>を発見!

 

140822gz01

140822gz02

 

私・・少しビックリ。

 

一般的に、ある程度高級なホテルやサービスアパートメントは

海珠区向かい側の天河区にあることがほとんどで

海珠区にはないからです。

(ただし、海珠区の高級マンションは年々多くなってきております)

 

ここは、全てのゲストルームが珠江越しに

 

珠江新城(☆1)の街並や

広州タワー(☆2)を眺望できるのが魅力!

 

守衛曰く、まだ6月に開業したばかりで滞在されている方も少ないとのこと。

 

☆1:新市街。大きなビル、外国系スーパーも多数のため外国人が多く居住。
☆2:前長600mの電波塔(※かつては世界No.1の高さ)

 

まだ穴場であるため、ここに滞在して

広州の新しい一面を感じてみてはいかがでしょうか?

 

広州へ来る機会がありましたら、宿泊先選択肢の一つにどうぞ。

 

【别开生面】

 

<Y.K>

メインコンテンツここまで

ちょっと小旅行 ~Vung Tau~

 
2014年8月21日 カテゴリー:ベトナム, 観光

こんにちは、クラウンライン ベトナムです。

 

雨季が終わったのか?と思わせるような天気が続いたら、

やっぱり雨季なホーチミンから南東約100kmのビーチ、

Vung Tau(ブンタウ)へ行きました。

 

ビーチといっても仕事で訪れただけで

ウキウキ感はあまりありません。

 

140821vn

 

ブンタウのビーチフロントで飲みながら読書をしていた同僚、

蚊に刺され2回もデング熱にかかってしまった場所でもあります。

 

ブンタウに行く際は蚊対策を忘れずに。

 

By 鎌田@ホーチミン

メインコンテンツここまで