ホーム > ブログTOP > 2012年10月のアーカイブ

2012年10月

悲願の優勝!~J-ASIAカップ2012 / Football~

 
2012年10月17日 カテゴリー:シンガポール, 生活

日の出とともにキックオフ・・
アジア各地の日本人サッカーチームが実力を競い合う年に1度の大会で第16回「J-ASIAカップ2012」が8月11日、日本サッカー界にとっての-奇跡の地-マレーシア南部ジョホールバル州のパシル・グダンMBPGグランドで開催されました。

 

アジア11カ国・地域から集まった16チームが熱戦を繰り広げた。

 

予選リーグはA~Dの4組に分かれて争われ、
我々シンガポールはBグループで台北(台湾)、上海(中国)、マニラ(フィリピン)と対戦し、
3戦全勝で1位通過。
昨年の覇者で過去5回優勝の上海(中国)は1勝1敗1分で2位通過。
決勝トーナメントでは準々決勝でKL(マレーシア)、準決勝でソウル(韓国)を下し決勝進出を果たす。

 

決勝戦では香港と対戦。
序盤からシンガポール、香港ともに持ち前の速攻を繰り広げ、主導権が頻繁に入れ替わる目まぐるしい展開となった。シンガポールが先制点を決めるも追いつかれ両チームとも1ゴールを決めながら追加点がなかなか奪えず試合はそのままPK戦へ突入。
シンガポールが決めたゴールが決勝点となり、
FC NIPPON SINGAPORE が激戦を制し12年ぶり4回目の優勝を飾り栄冠を手にした。

 

海外引越しのクラウンライン・シンガポール
HANN

メインコンテンツここまで

今年オープンした植物園(ガーデン・バイ・ザ・ベイ)についてちょっと。。。

 
2012年10月16日 カテゴリー:シンガポール, 観光

今年オープンしたばかりの植物園

『ガーデンバイザベイ・Garden by the Bay』についてちょっと。。。

通勤ルートにあるこの植物園、この1年間は少しずつ出来上がっていくのを横目に

オープンはまだか。。。まだか。。。と待ちに待って過ごしていた私。

とある週末の夕方、太陽の照りつけるムシムシと暑い中、

オープンして間もない植物園に期待を膨らませ行って参りました。

まだまだ工事が続くマリーナサウス地域を抜け、やっと辿り着いた植物園。

駐車場の入り口では何十台という車が列をなし、、、途方に暮れそうになりながら、

くじけそうになりながら、やっと駐車スペースを見つけ、足早に植物園の中へ急いだ私。

あれ?ちょっと???

見渡す植物達??。。。。

薄緑?薄茶色?元気無い?しおれてる?しぼんでる?

えええええええっっっ、オープンはしたものの、オープン期限には間に合ったものの、、、

最後、猛ダッシュで無理やり植え付けたな?っていうぐらい、まだ馴染んでない植物達。

必死に目をかすめ、ディーテールは見ないように前に進み、一周してやっとタワーにやって来た。

その頃は日も沈み、キラキラ輝るライトがタワーを包み、

これまたマリーナベイサンズをバックに幻想的で素敵な世界!

やっぱり来てよかった♪♪

そういえば、ECPの上を跨ぐマリーナベイサンズからのコネクターにおいてある並木も

数ヶ月前はぐったりしていたが、最近元気になって直立してるし。。。

帰路、『ちょっと早かったか』と言い聞かせ、数ヵ月後にまた行ってみようと誓った私。

(おまけの話)

知ってました?植物園の地下にはバイオマスのボイラーがあり、

ゴミを焼却して肥料にしたり、クール温室を起動させるエネルギーを造るシステムがあるんですって。

しかも夜光り輝くタワー達はなんと煙突?だそうです。 びっくり。。。 とてつもないエコなプロジェクトだったんだ。

マリーナベイサンズで夕食を楽しんだ後に、植物園を散歩するのもロマンチックでエコですねえ。

海外引越しのクラウンライン・シンガポール

とら

メインコンテンツここまで

チャンギ国際空港入国審査

 
2012年10月16日 カテゴリー:シンガポール, 観光

長旅お疲れ様!期待に胸膨らまして、エコノミークラスの狭い席で息を捲いていたあなたも、機内で眠ろうと努力したのに眠れなくて、つい飲みすぎてしまったあなたも、小さなモニターの映画の見すぎで目がチカチカしているあなたも、着きましたよ!!シンガポールです。

 

特に、日本の航空会社でいらした方は、ここでぷっつりと日本語とは疎遠なる瞬間です。

アジアのHUB空港として機能しているチャンギは3ターミナルとバジェットターミナルの4ターミナルからなるでっかい作りになっております。かなり近代的で清潔感のあるチャンギ国際空港は広いのです。実は。。。

標識に従ってとととと歩いても、本当にこれで合っているのかしらと思うほど歩いた先に、入国審査官がこわもてでお出迎え。(そして今、審査中)

 

列を作ってやっと順番が廻ってきて、そこで初めて入国カードの存在に気づく。(というか、体験談)

 

うーん、何を書いていいやら分からない。慣れていないと、全部埋めれないし、埋めてみても間違いに気付いたり。。。機内にいる最中にフライトアテンダントに聞いておけば良かったなぁと思っても後の祭り、なにしろそんなカードが在ることさえ知らないのですから(機内でいったい何をしていたんだろうか?)で、当然のことながら、何しろぜーんぶ英語で書かなきゃいけないのでね。

 

恐る恐る自分の隣で一筆入れている、インド人らしきご家族連れのお父さんであろう方に尋ねてみる。

軽―く受け流される。そりゃそうだな、到着したの夜中の1時だし、子供眠そうだったからな。そうこうしている内に、カウンタ手前にはぽつねんと私一人きり。審査官も遠巻きに訝しげーな顔でこっちを見ている。

 

しようがないから、審査官に直接質問をいう強行的な行為に出る。

幸いなことにその女性は呆れながらも書き方をレクチャーしてくれた。

筆が止まっているとスペルも教えてくれた。

 

書くってことと、話すってことと、能力が違うと思いませんか?自分が如何に文盲かを身に沁みながらカウンタ越しに書いてゆく。

 

審査官 “ここに便名書いて”

私 “?”

審査官 “チケット見せて、これこれ、このアルファベットと数字”

審査官 “滞在先は何処?”

私 “住所忘れた”

審査官 “ホテルの名前は?知ってるでしょう?”

私 “忘れた”

審査官 “でも泊まるところは有るんでしょう?”

私 “ある”

 

これもう審査じゃねーな。

 

そういえば日本から持ってきた携帯メールの文面に、ホテルの名前のデータがあったので記入。

そうして、無事にカウンタを通過してと。審査官のお姉さん、親切にありがとう!!あの時のスタンプの音が今でも忘れられない。

 

その入国カードなるものがこれ。

 

処理が済むと出国の部分を切り取って返してくれるんだけれど、ちゃんと政府が発行するPASSが発行されるまでの間、違ってもコンビニでオムスビ買った後のレシート感覚で捨てちゃだめだぜい!

 

 

海外引越しのクラウンライン kopi o

 

 

 

メインコンテンツここまで

シンガポールからご挨拶 

 
2012年10月10日 カテゴリー:シンガポール, 生活

ご挨拶

 

 

これからシンガポールへいらっしゃる方、現在、シンガポールにお住まいの方、そしてシンガポールに興味を持たれて偶然このブログへお越しになった方、ご訪問ありがとうございます。

 

この度、海外引越し・クラウンラインシンガポールの日本人スタッフは、ブログを開始することになりました。総合生活支援企業を目指す私たちのブログテーマはずばり「ガイドブックに載っていないシンガポール!」です。このブログを通じて、皆様に少しでも現地発信ならではのリアルなシンガポールをお伝えできればと思います。

 

私たちの情報が新しく渡星される皆様の海外生活へ対する不安を少しでも和らげ、今、住まれている方の生活をさらに豊かにするものとなるように更新していきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

はじめまして。私は男性スタッフのJalanです! マレー語を公用語の1つとするシンガポールでは、Jalanと付いた地名をよく目にします。Jalan Basar(大きな道) , Jalan Buroh(労働の道)…etc。Jalanの語源は「道、ストリート」という意味。日本では大手の旅行雑誌のタイトルにも使われていますね。私もフラフラと旅行をすることが大好きなので、今後はこのペンネームで記事をUPしていこうと思います。 どうぞよろしくお願いします!

 

 

海外引越し・クラウンライン Jalan

メインコンテンツここまで

陰&陽

 
2012年10月10日 カテゴリー:シンガポール, 文化・習慣

シンガポール生活20年目のドリアンです。

ディープなシンガポールをご紹介しますので宜しくお願いします!!

 

 

まず第一弾は・・・

 

シンガポールのチャイニーズ系はとてもこだわる陰&陽。

要するに食べ物も陰(涼)と陽(温)のバランスを見ながら食べる,といった具合。

陰(涼)は身体を冷やす作用。

その逆で陽(温)は身体を温める作用。

 

例えば風邪を引いたとき・・・

のどが痛くて熱っぽい鼻が詰まるなどはなるべく身体を冷やす作用の物を食べ

鼻水,クシャミが止まらないなどの症状の時には身体を温める作用の物を食べる。

 

日本では風邪には“みかん”といわれてますが

風邪でも鼻水,クシャミの時にはオレンジ類は特にダメだそうです。

だからといって喉が痛い、痰が絡むなどのときもダメ。

余計痰が出て辛いそうです。

 

よくシンガポールに来星している駐在員奥様達が、家族みんな口内炎に悩まされている

と嘆いていらっしゃいますが,これは気候が暑くて体が熱を持っている状態だからです。

なるべく水分を取ること

揚げ物などを控える

漢方の店先にあるCOOLING TEAこと涼茶(リャンテー)を飲む、

*家で作る,などを心がければあなたも口内炎知らず!!

*家で作る方法は次回ご紹介

 

南国のフルーツは身体を冷やします!(ドリアン,マンゴーは除く)

バナナなんて赤ちゃんにはとんでもない、ということを聞かされましたっけ。

(モンキーバナナは大丈夫とか)

お腹をこわすからあげないようにと注意されました。

果物の大様ドリアン・・・(熱)に対して、女王マンゴスティンは身体を冷やすので

一緒に食べると+-の効果が。あとココナッツウォーターも涼。

 

 

チャイニーズ系のディナーでよく出されるのが、やはり薬膳スープですが、

どの家庭でも家庭の味,レシピといった物があるようで、親から子へと受け継がれています。

 

海外引越しのクラウンライン ドリアン

 

メインコンテンツここまで